プラチナエンド4話感想:神候補のロリ死んじゃうの・・・

2021年秋アニメ



プラチナエンド第4話「集結の瞬間(とき)」感想


前回の感想記事

プラチナエンド3話感想:明日は幼なじみの花籠咲と二人三脚へ
プラチナエンド第3話「憧れの人」感想前回の感想記事第3話感想誰もが思ったことだろう、ナッセお前、神候補が死んだらその人の持ち物は他の人が持てることを早く言えよと。ってことはあのメトロ...

第4話感想

赤い矢の射程距離31.6メートルは小数点以下まで示されたやけに具体的な数字だけどどこからその数字を拾ってきた?

どうやらルート1000、つまりは1000平方メートルの面積の正方形の辺の長さが31.6メートルみたいだけどね。

マウンドにいるお前はパチモン、お前らもパチモン、えっ、お前はホンモノ!?公衆の観客が大勢いるのにいつの間にすり替わった!?そしてメトロブルーとメトロイエローが死んだだけでなくほかの神候補のロリまでもが死んじゃいそうになってるんだけど?

そしてお前の天使は二級か、って思いながら見ていた。

ちなみにマウンド上にいるパチモンのメトロポリマンとホンモノのメトロポリマンが入れ替わる瞬間は露骨に足元だけが描写してあった。

メトロイエローとメトログリーンが登場し、彼らにメトロブルーとメトロイエローが赤い矢を放とうとマウンドから注意がそらされ観客の大半が彼らに注目を集めている瞬間に入れ替わっている。

そこはうまーく計算されてたね。

彼らをてなづける方法が大金!!ってのは現実的だった、でも赤い矢を打つことなくサクラを雇うってのはこういうことか。

ところで、みんな大好きロリまでも天使に見初められ、しかもメトロポリマンにより白い矢が放たれようとしているのな。

ロリだから甘い、なんて展開は当作品には存在しなかった、チートなんてあるわけもない、まともな戦力がない分神候補としては最も不利な存在だった。

いやしかしメトロイエローとメトロブルー含め球場にいた観客全員まんまとメトロポリマンの術中にハマってたね。

目の前にいるメトロポリマンがパチモン、そのあとに現れたメトロピンクとメトログリーンもパチモンと多重にワナをはりめぐらせるメトロポリマンの知能がかなり優秀だったってことだろうな。

とはいえロリの命を引き換えに球場にいる他の神候補をおびきよせようとするとかものすごく狡猾なことをしてくるなメトロポリマン。

ロリも迂闊にグラウンドに出てきてしまったのが運のツキだったね、見事に利用された挙句に用済みになって殺されそうになってるよ。

明日はロリの命を前にしてまさかマウンドに出てきてしまうおつもりか!?

その勇気が無謀にならないことを切に願おう。

次回の感想記事

404 NOT FOUND | AnMaGa〜新作アニメの感想ブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました