RPG不動産1話感想:なろうかと思っていたら実はきららだった作品

2022年春アニメ



RPG不動産第1話「RPG不動産へようこそ!はじめてのお部屋探しです!」感想


アニメ公式サイト

TVアニメ「RPG不動産」公式サイト
大切な物件探しは、「RPG不動産」にお任せください! 異世界おしごとファンタジー、TVアニメ『RPG不動産』公式サイトです。

第1話感想

いつものようになろう系作品だと思っていたらなんときらら作品だった!

ってことはこれまでのきらら作品の雰囲気を見るに、こちらもゆるふわほんわかな気分で楽しめそうな気がした。

声優に久しぶりに木野日菜がいてしかも彼女は亜人で騒々しい役どころだから何年か前に放映されていた群れなせシートン学園を思い出す(あちらは亜人ではなく擬人化だが)。

そして井上喜久子ほの花親子が出演してるってなにこの作品、お母さんの方はゲストキャラっぽいけれど。

肝心の本編の方だけど1話から露出が多かった印象だ。

ファーの下着姿、ラキラの戦士としての身のこなし、ルフリアの下着が見えてしまうシーン、あとは湯気が少なく大事なところを隠す泡も比較的最小限でほとんど生まれたままの姿だろっていうお風呂のシーンもあったな、きらら原作でもここまで攻めていくとはな。

と、ここまでは副食で主食はやはり今回来訪してきた大賢者にRPG不動産の4人が物件を提案していく描写になってくるのかな。

あの大賢者の女性、いままで何件の不動産屋から一方的にゴージャスな物件を提案されてきたんだろうな、やはり英雄で大賢者であろうお方ならひなびた古民家よりも召使いが何十人もいるような家に住むべきであるって先入観がそうさせているんだろうね。

希望を聞けよって話ではあるんだけど不動産業界の経験がそこそこ以上に長く、彼女のこれまでの功績を知ってる人ほど御本人を前に萎縮してうかがう、口を動かさせるのも恐れ多いってなっちゃってるのかもしれない。

でもそんな先入観を捨ててうかがってみたりお客様のいままでの言動から本当は深層心理的にこのような物件を求めているのではと一見すると意外そうに見える物件(あるいはサービス、商品)を提案してみるのはほんと大事。

プレゼントも実際本人に何がほしいか聞いちゃったほうがいいって話だしね。

だから琴音は本当にいい仕事をしたよ。

会話の合間合間に花をずっとじっと見ていたことからお客様は本当はレンガや石ばかりの家ではなく花に囲まれて喧騒から離れ落ち着いた雰囲気の一件家に住みたいのではないかと連想できる、そんな人に私もなりたい。

個人的には成果を新人に取られたルフリアが夜寝るときに人形を持ってラキラの部屋で愚痴を吐きながら甘えるシーンで眼福だったけどな!

一方でその次のシーンにおけるRPG不動産での新生活の一歩を踏み出した琴音の部屋にも大賢者が物件を決めたその決め手となった花と同じ花が咲いていて整えた制服がハンガーにかかっているっちゅう対比的な描写も最高だった。

次回の感想記事

RPG不動産2話感想:世界が平和になって魔王城はテーマパークになっていた
RPG不動産第2話「お困り物件! 魔王城に初出張です!」感想前回の感想記事第2話感想動画工房渾身の作画でとてもいいものをお持ちの琴音の服脱ぎで弾け飛ぶπ乙に笑ってしまったよ、冒頭でも琴音は胸...

コメント

タイトルとURLをコピーしました