RWBY 氷雪帝国6話感想:ネガワイスのガンコさを見よ

2022年夏アニメ



RWBY 氷雪帝国第6話「Do you have a plan?「作戦は?」」感想


前回の感想記事

RWBY 氷雪帝国5話感想:こんどはチームでワイスをナイトメアから救出することに
RWBY 氷雪帝国第5話「Awaken in a dream「眠りの都」」感想前回の感想記事第5話感想グリム・ナイトメアにむしばまれ悪夢を見させられているワイスの見ている夢の世界にこんどはル...

第6話感想

ルビーたちはワイスの夢の真相に辿り着けたはいいが、ネガワイスがあまりにも彼女たちを拒むので一旦戦力立て直し、作戦練り直しのために現実世界に戻っていくストーリーなんだけどナルホド…

いや、ワイスのMBTIのタイプであるISTJの説明を読んでたんだけど「ガンコ」なのが本当に当てはまってる。

実際は責任感が強いがガンコで自分にも他人にも厳しい点からISTJだってふうにその人の性格からタイプを推測していくんだけど、それにしてもほんとにガンコ。

なにせ3話かけてもワイスの悪夢は解けてない、それよか来週にも続いていくから4話以上使おうとしている、もうどれだけ彼女はガンコなのか。

まだ終わらんのかーいと思うかもしれないがまだ終わらんのよ、それどころかネガワイスはあたりを凍りつかせて他者を拒むようにさえなってしまってるしな。

このタイプ(とESTJ)の人間はなにかと偏屈つけては新しい価値観を受け入れようとしないからね、解決法としてはこちらが折れないと絶対に納得してくれないというめちゃくちゃ恐ろしい性格を持ってるんだわ。

ちなみにISFJとESFJは偏屈のところがヒステリックにわめきちらすに変わる。

いずれにせよそれらは手に入れた安定が揺らぐことへの恐怖心が原因だ。

しかも常に他罰的であり健全な状態でなくなると他人を拒絶するようになる、ってことは誰が言ったとか何を言ったとかそういう以前にそもそも誰の話を聞くことすらなくなるってことよ。

おまけに×STJタイプの人は軒並み顔がこわいし口調もやたら上から目線だしな(特に磯野波平ESTJ)

こうなるともう最悪、誰も手がつけられない、日本停滞の原因は彼らがテコでも動かないから、漬物石のようにどどーんと鎮座してるから。

時代は平成から令和になり200年続いた土の時代からまた新たに200年近く続く風の時代に変わったっていうのに彼らは30代くらいでもいまだに昭和、土の時代の価値観から変えられないほどだからね。

それはバブルの時代を夢見てるのかもしれない。

風の時代は西洋占星術で使われる言葉で一人ひとりの個性や自由な生き方が反映されると言われてるんだけど、前時代の価値観を拒むガンコな人、これからの社会に適合できるのか不安になってくる。

与えられた仕事はこなす責任感が強いからこれからの時代は上にうまく使われるだけ使われて他人のために時間と精神すり減らす裏方仕事しかできないのではなかろうか。

安月給で。

つまりはいわゆるやりがい搾取を受けやすいってことね。

そんなことはどうでもいいけれどいやほんとにワイス、これは父親の厳しい教育の影響でそうなってるんだけどそれでもこの歳にしてブレイクのことをいまだに元ホワイトファングでファウナスのクズ女だと決めつけて自分の意見を変えようとしないのは相当にヤバい、それは私が割と考えを柔軟に変えるP型(柔軟型)であり、P型から見たJ型(決断型)の印象になるんだけど、将来ガミガミガミガミおばさんになるの間違いない。

しかも説教の内容が時代遅れだから誰も聞き入れなくなってなおさらヤバい。

次回の感想記事

RWBY 氷雪帝国7話感想:ラストチャンス、4人でワイスの夢に突入
RWBY 氷雪帝国第7話「Dreams come rued「自由のために」」感想前回の感想記事第7話感想今度はルビィ、ヤン、ブレイクに加えチームJNPRからジョーンが参加してワイスの夢の世界...

コメント

タイトルとURLをコピーしました