聖剣伝説 Legend of Mana-The Teardrop Crystal-7話感想:エメロードの姉の核探しはおつかいの連続

2022年秋アニメ



聖剣伝説 Legend of Mana-The Teardrop Crystal-第7話「ダイアモンド」感想


前回の感想記事

聖剣伝説 Legend of Mana-The Teardrop Crystal-6話感想:セラフィナ主役回
聖剣伝説 Legend of Mana-The Teardrop Crystal-第6話「エメラルド」感想前回の感想記事第6話感想セラフィナは魔法都市ジオにある魔法学園に入学してからわずか2...

第7話感想

セラフィナの友人で珠魅であるエメロードの姉の核を探すためにシャイロ、セラフィナ、エメロード、瑠璃、真珠姫の5人はマドラ海岸へとやってきた、そこで瑠璃とエメロードは珠魅の気配を感じているとシャイロは卵を温めていたところだったペンギンのヴァレリから声をかけられ、彼女から新たな核に対する情報を得た。

情報のとおり沖にある島にいる穴掘り団のリーダーから話を聞いてみるとプッツィ様の捜索を手伝ってほしいと頼まれたので島の裏側にいる海賊船に行くとある部屋の門番にヴァレリのフィナンセ、デイビッドがいたうえ彼の誘導で突然の混乱に乗じて簡単に部屋に入れた。

部屋から犬の鳴き声がしたのでタルを取り出してみると一匹の犬が縛られていた、彼こそ探していたプッツィであり無事に穴掘り団の元へと送り届けられ、お礼に核をひとつ手に入れた。

次の核を探しに旅をしているとゴミ山?から核を見つけた、一行は回復のために一旦ジオに戻って休んでると豪商のクリスティー商会に行くこととなりシャイロ、エメロード、瑠璃の3人は面会、核について聞いてみたところ執事のサザビーから地下の倉庫で見たというのでさっそく探すとすぐに見つけ出せた。

さらに倉庫には珠魅の指導者、ディアナ様の像があり彼女からは涙が流せなくなって滅びゆく定めである珠魅を捨てろと言われたがエメロードは拒否、さらに瑠璃のなぜ涙を流せなくなったのかとの問いに対し、答えるには騎士のレディパールを連れてこいと依頼されたがそのさなか、セラフィナに扮したサンドラによりエメロードの核が奪われてしまった。

なんだかおもしろいんだかおもしろくないんだか分からんおつかいイベントをなんの感情もなくただただマックジョブ(マクドの店員のような専門スキルを必要としない単純労働)のごとく作業的にいくつかこなしていたと思ったら最後にまたサンドライベントだよ、そういやサンドラは行方をくらましただけで死んではいなかったね。

それよか、大事そうな珠魅の核を手に入れるイベントすらおつかいなうえ、なんとゴミ山に投棄されていたりするのかよ、まあ珠魅の核は珠魅以外どんな価値があるのかわからない代物でしょうからね。

とはいえ話はいちおう動いてはいるんだよな、珠魅であることを捨てろって諭す指導者のディアナなる石像とそれを断固拒否するエメロード、あとは街亡き後に生まれた新しい珠魅であるところの瑠璃って感じで。

気になるのは指導者がなぜに珠魅を捨てろと諭すのか、そしてなぜに彼女の石像は語りかけるのか、そもそもなんで街の豪商の倉庫に石像が長らく?放置されてるのか、もういまや存在がめっきり少なくなっているという珠魅とはこの世界においてどのような存在だったのかってところよ。

どうも、レディパールって珠魅がその答えを導き出すために必要な存在らしいがまずはサンドラどうにかしないと、彼女をディアナにつまみ出した方がよくないか??

次回の感想記事

404 NOT FOUND | AnMaGa〜新作アニメの感想ブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました