先輩がうざい後輩の話8話感想:桜井&風間、双葉&武田、それぞれの休日

2021年秋アニメ



先輩がうざい後輩の話第8話「それぞれの休日」感想


前回の感想記事

先輩がうざい後輩の話7話感想:夏美と双葉の出会いは互いに好影響を及ぼした
先輩がうざい後輩の話第7話「いま、ここで」感想前回の感想記事第7話感想花見の席で梅沢富美男の夢芝居を歌う部長、なかなかシブい選曲チョイスだな。そしてそんな部長に絡み酒する若手社員、無...

第8話感想

桜井さんと風間が休日を使いティンガーラ(水族館)へ。

こちらはくくるも風花も海やんも人をプランクトン呼びしてくる仕事ができないクソ副館長もいない平和そうな水族館だけど、ずいぶんういういしいデートをしてるじゃないかよ桜井さんと風間よお。

お前ら実質的に初デートだろこれ、交際はもう始まっていると考えていいかな。

ものすごいはずかしい言葉をちょくちょく言ってる風間、自分で言ってて恥ずかしくなっているシーンには笑ってしまったがそんな顔をしてしまう時点で普段の会話では絶対に出てこない人柄でもないことを言うくらいには相当に背伸びしていたのがよく分かる。

このデートに残りの連休はおろか今後の人生をもうらなうまでに成否を賭けていたんだろうな。

ナンパ野郎から桜井さんを取り戻した風間は男らしかったけどな。

突っ込みたいのはナンパ野郎の「マテ茶」だよ、なにが「マテ茶」だよ、それって「ちょっとマテ茶」みたいなダジャレみたいなチョイスだろ?そこはけっこう寒かった感じが否めない。

一方で双葉と武田も女の家に男が行く自宅デートしてて幸せそうじゃないかこの野郎。

ノリは大学のサークルそのものだからそりゃそんな光景にもなるわって話なんだけど、2組のデートを交互に描いているだけであっという間に30分過ぎてたんだけど!!

双葉は部屋をキレイにしたのを見せたくて武田をさっそく家に呼びたかったんだな、昼間なのに部屋暗くして怖いDVD見て舞台セッティングしてまで武田を呼んでいるのはあまりにも理由が適当すぎだったけれど、つまりは理由なんてどうでもよくて連休中会えないから何らかの理由を勝手に作って武田を家に連れ込んでみた、あわよくば深い関係も全然OKですよ、って作戦をとったってことでファイナルアンサーかな。

「計画とは違った」って言ってるけれどその「計画」ってのが実は武田とのおセッセだろ?分かってるって。

でもデートとは書いたけれどもこっちの2人はあんまりデートっていう感じがしないのはやはり武田が絶対にそんな関係にならないような態度をとってるからだろう、食事も普段行かないような高めの店ではなくいつもの行きつけのラーメン店だったしな。

とはいえ電話一本で女の家には来ているんだよな武田、でもこれも双葉が泣いてるからってのが理由なだけで特に下心なんて何も考えてはいないのかもね。

デートの最後に偶然、本当に偶然、たまたま風間の下の名前と同じだったイルカのそうたくんの名前を使ってナンパ野郎から助けてくれたことでちょっと後ろから聞こえるか聞こえないかくらいの声の大きさで下の名前をぼそっと呼ぶ桜井さんが素敵だった。

イルカの名前と風間の下の名前を合わせてきたもんだから完全にラストシーンの描写を狙いすましていたのが読めてしまったけどね。

女性の側だけがデートをしてると思ってる双葉&武田と初デートで距離を大幅に縮めてきた桜井&風間の対称的な男女関係がよく描けていたね。

次回の感想記事

先輩がうざい後輩の話9話感想:からかい上手の桜井さん&優人と夏美の禁断の関係!?
先輩がうざい後輩の話第9話「ウキウキ夏休み」感想前回の感想記事第9話感想放映配信は冬の始まり、12月の頭だけど季節外れの水着回。パピコの間接キスで風間を意識させようとするからかい上手...

コメント

タイトルとURLをコピーしました