可愛いだけじゃない式守さん11話感想:式守さんはずっとお兄ちゃんっ子

2022年春アニメ



可愛いだけじゃない式守さん第11話「可愛いだけじゃない」感想


前回の感想記事

可愛いだけじゃない式守さん10話感想:体育祭、和泉たちはリレーを見事に走り抜く!
可愛いだけじゃない式守さん第10話「勝ちたい気持ち」感想前回の感想記事第10話感想和泉としたい式守。不幸にも黒塗りの高級車に追突してしまった和泉のためにこっそりリレーのくじ引きを他の...

第11話感想

久しぶりにおデートをする彼氏の和泉とのなれそめも含めた式守さんの掘り下げ回。

まずは式守さんは意外なのかそうでないのか実は幼少期はお兄ちゃん子だったことが判明。

兄と同じ道場で空手強くなってショートカットにして見た目はボーイッシュなんだけど、本質的にはずっとお兄ちゃんの後ろをついてきていたかわいらし〜い式守さん、やたらスポーツが得意で運動神経がいい彼女のルーツはここにあったようだ。

式守さんは小学生くらいのときはテレビで見たのか助けてもらった実体験があったのか何らかの理由で強い人に憧れてたってとこかな、で、空手でメキメキ腕を上げてきている兄に対して尊敬をするようになり自分も空手をはじめたって感じになるだろう。

ブラコンとはちょっとちがう、ブラコンとはお兄ちゃんスキーであり、行きすぎると恋愛感情に発展するカッコウの許嫁の海野兄妹になるから。

だから式守さんの兄に対する思いと海野幸(妹)の凪(兄)に対する気持ちはどちらも言葉だと好きであらわされるが、言葉の持つ意味がまるっきり異なるわけよ。

式守さんはもし停電で真っ暗な玄関で兄と事故でキスをしても兄のことは兄として見てるだろうから兄からひどいことを言われない限りはふさぎ込まないと思うんだよな。

むしろ和泉とのキスで上書きしそう。

でも思春期を迎えた式守さん、今のままだとそれだと自分っちゅうものが存在しないことに気付かされた、それは兄が空手をやめて新しいことに挑戦するようになったからだ。

それは兄からしたらお兄ちゃん子のまま大きくなっていく式守さんのことを考えての判断だったんだろう。

自分以上に空手道をとことん極める生き方っちゅう選択肢も十分ありだけれども本当にやりたいことがあるのではないのか?っちゅう。

兄について空手をはじめたのに、その兄が空手をやめると兄に見てくれなくなってしまい、自分も空手を続ける理由がなくなってしまうからね。

で、中学において周りを見渡すとすでに自分を確立してる人がちらほらといるようになっている、すでに中学生で将来の道を決めて歩み出してる人は少なからずいる。

兄が全てだった式守さんにとってもはや中学生にして将来の夢を持ってる人がいるなんて衝撃的なことだったに違いない。

なので式守さんは別な自分に変わろうとした、それは空手をやめたことでちょっとだけ(ほんとにちょっとだけ、半歩分)離れてしまった兄に見てもらえるからってのもあるのかも。

空手をやってた運動神経はそのままにショートカットな髪を伸ばし女の子になることにした…

そんな彼女が不幸体質の和泉を選んだのは自分が少女マンガの中でしか持ち合わせてこなかったかわいらしさを存分に持っている人間だったからだろう。

あとは制服姿で木のぼりなる思わずかわいくないことをしたと思っている自分のことをはじめてほめてくれた、認めてくれたこと…

まあ和泉が根っからの不幸体質であることを知るのは高校に入ってからなんだろうが、やはり持ち合わせている強さで自分が彼のことを守りたくなったって感じかしらね。

逆に和泉にとってはずーっと神様にも願ってきたほどに求めてきたヒーロー、自分のために危ない木登りに果敢に挑戦する式守さんの強さに惚れた、みたいな。

恋人って互いに自分がないものを補い合える人間同士がなるものだからな。

子どもだと思っていた式守さんに助けてもらったお礼に欲しがってた口紅をプレゼントする兄、口紅は大人の象徴、だから式守さんがすっかり大人になったことを認めていて好きだよ。

次回の感想記事

可愛いだけじゃない式守さん12話感想:このあと二人はイイコトをしたのであった
可愛いだけじゃない式守さん第12話「夢よりも」感想前回の感想記事第12話感想最終話に和泉と式守さんのラブラブなデートをありがとう。最近の高校生ラブコメものの作品における一番のデートだ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました