死神坊ちゃんと黒メイド第第1話感想:高木さんや長瀞さん路線の作品だった

2021年夏アニメ



死神坊ちゃんと黒メイド第第1話「坊ちゃんとアリス」感想


アニメ公式サイト

TVアニメ『死神坊ちゃんと黒メイド』公式サイト
触りたい 触れない ―世界で一番、切ない両想い。『死神坊ちゃんと黒メイド』TVアニメ化決定!

第1話感想

あ、これ、どんな作品かと思ったら坊ちゃんが呪いにかけられて誰にも触れないのをいいことに主人公に好意を持っている女の子サイドが色仕掛けしてくる高木さん(宇崎ちゃん、長瀞さん)タイプの作品なのか。

春クールに続いて主人公の男の子がヒロインの女の子にからかわれる系統が続く。

で、主人公はどこかの魔女から「触れると相手の命を奪う」呪いをかけられてるから周囲の人間からは距離を空けられ、旧友ですら避けられてしまい、さらには実家からもいない子扱いされて絶縁されようとしているってって悲しい運命を背負わされているってやつか。

メインはヒロインからのからかいよりも、主人公にかけられた呪いを解くこと、みたいだ。

触れただけで命を奪っちゃう相手は人間、動物だけでなく植物も該当するときた、庭の大木やお飾りの花瓶の花さえあっさりと枯らしてしまうこの切なさよ。

いまのところ坊ちゃんは呪いによりずっとえんがちょされてしまってることからかなり悲観的な思考を持つようになっていて、生きるモチベーションはなんでか好意を持ってくれているアリスしかいないってそんなところかしらね。

両想いらしいけれど、それでも相手に触れることはできないときたらそれはそれはもう。

抑えきれずに触れられると自分が死んでしまうリスクを冒してまで欲情を誘うアリスがやたら小悪魔だった、そのへんは変な風に信頼してるんかしらね。

彼女がいなくなったら自暴自棄になりそこらのものに触れまくって動物は死に植物は枯れ果て、ついには自分も命を落とす(ただし自分自身には触れてもなんとも起きないので別な方法を取ることになる)ってバッドエンドしか見えないのがなんともいえない悲しさ。

早く呪いを解いてアリスと結ばれて欲しいわ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました