スローループ2話感想:幼馴染の恋登場、小春の初フライフィッシング

2022年冬アニメ



スローループ第2話「笑顔になれたら」感想


前回の感想記事

スローループ1話感想:3月の海に飛び込む変わりすぎてる女の子
スローループ第1話「とても変わった女の子」感想アニメ公式サイト第1話感想あらかわいらしい放課後ていぼう日誌。それもそのはず、当作品の原作はまんがタイムきららキャロット、つまりはきらら...

第2話感想

フライフィッシングのレッスンと同時に、さっそくひおりの幼なじみの恋と父親が登場してきたうえ、ひおりとの関係の掘り下げも同時に描いてきた。

釣りは朝早い、自宅近くのコンビニでも日曜の朝4時半にはどこからともなく釣りに行く客が来るからね、私の自宅の近所で釣りの穴場だとびん沼川になるだろうか。

それはさておき、幼馴染と近い距離にいるからこそひおりの父の死を知ったときにどうすればよかったのかいまでも答えを悩んでしまいひとり壁を作ってしまっていた恋のその壁を、ちょっと前までは赤の他人同士で変わり者と評される小春がずかずか先に進んで取っ払っていく展開が見事だった。

普段はすっとんきょな言動が目立つ小春のそのすっとんきょな面が一役買ってくれた、ひおりが亡き父との思い出の場所に連れて行ってくれたときに、父を思い出してしまうような場面でも過去を引きずっていなくて、高いところを怖がっていた自分を助けてくれたのを見たように、いつまでも過去をうじうじ悩んでいないで未来を見据えよと教えてくれてたね。

ずっと日傘という名の壁を作っていた恋が自らその日傘を閉じて壁を取り払う、その様子が今回のエピソードではいちばん印象的だったな。

あと、ずっと釣りにのめり込む、いわゆる釣りキチなように見えた恋の父親も実は釣り堀の向こう側から3人の様子をずっと見ていて3人の関係が変わっていく様子を感じ取っていたりとちゃんといい父親やってるじゃんって思ったね。

これからは釣りをしつつひより×恋、ひより×小春の百合模様が展開されるようになるのかなこれは。

次回の感想記事

スローループ3話感想:楽しいキャンプと重い話
スローループ第3話「ありがとう」感想前回の感想記事第3話感想作品のもう一つのテーマは「家族」。フライフィッシングだけでなく、主人公たちが何らかの理由で失った家族と新しい家族の話、それ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました