サマータイムレンダ17話感想:決戦を前にそれぞれがそれぞれの決断をする回

2022年夏アニメ



サマータイムレンダ第17話「決断」感想


前回の感想記事

サマータイムレンダ16話感想:不意に見せてくる澪のしましま
サマータイムレンダ第16話「オリジナル」感想前回の感想記事第5話感想髪をバッサリと切った潮の影、やはり新たな展開へと進むことを予感させる。唐突に始まる「君の名は」。味方になっ...

第17話感想

7周目の7月22日から7月23日にかけて、ハイネやシデとの最終決戦を前に何人かが決断を心に決め、影の戦力を削ぐために何人かの影を倒すエピソード。

ひづるにまじめな話をしてるかと思ったら急に息抜きかふまじめ話をはじめる潮のこの緩急の付け方がひとりの年ごろの少女っぽさを出してきてくれてる。

やっぱり女性も上半身にあるものの大きさが違うとついつい見ちゃうものなのだ。

菱形家は300年も代々受け継ぎながらハイネと関わりを持っていた、当代である青銅は命を重く考える窓には荷が重いだろうと朱鷺子を後継に決めた…ってこれじゃ菱形家が命を重く見ていない一家になってしまわないか大丈夫か?

食餌を与えているのはハイネを救うためとはいえ、じゃあなんで菱形青銅は医師をやっているのか?

菱形青銅にとって医師は裏でやってることを隠す隠れ蓑としか思っていないのか?

そう思えてしまった。

慎平はそうか、何回もループしてることや、影の存在にずっと意識を集中させているからあまり眠れてないのな。

エックスデーまで近いとはいえ無理をしすぎるな、休息をしないと思考はまとまらんぞ。

しかしまあすでに影になってしまっているとはいえかつて世話になった女性の恩師(人渕先生)も容赦なく殺害しないといけないっちゅうのはこれもまたツラいものがあるよな。

山の中で子どもたちの前に出くわして刃物持って舌なめずりしてる姿に変貌してるとはいえもとはやさしくもあり厳しくもあるけれど潮のよき理解者である先生だったからなおさらな。

あとは根津なんだけど根津…カゲはあかん存在と知りつつ、あなたも奥さんがすでに影になってしまったと分かっていても殺せなかったんだな…影になった妻をホンモノの妻としていままでどおりに接する菱形青銅もそうだけど、いままで何十年もずっと愛してきた人間の急な死を受け入れるまでには途方のない時間がかかるところに年老いた男の悲哀を見てしまったね。

ジジイはな…妻に先立たれるととたんに弱って別人になってしまうのよ、同じ75歳だとしてもバアサンのほうがよっぽどパワフル。

熟年離婚もバアサンの方から切り出されるしな。

ハイネの活動の活発化でこのままでは危険になりそうだと潮の影の助力を借りずに妻を改めて殺す=二度の死を受け入れハイネとの戦いに挑むことを選ぶ根津の哀しき決断よ。

そしていま横にいる潮もハイネとは切断されているが影は影なのでこの決断を慎平が潮に対して迫られる、あるいはいままでの周回で迫られていた(が好意を持ってる相手ってこともあり躊躇してしまった)可能性もなくはないぞ。

最後に、澪もなかなか自分の想いを伝えられずにいたが澪の影に押されて慎平に想いを伝えるときがくるか。

しかしまあ澪の影は澪の性格をめちゃくちゃ冷静にバシバシ指摘していくな、これをMBTIのタイプで見るとENFP潮→ESFJ(にしては内向的に見えるけれど演者の声質かなあ)澪→ISTJ澪の影とおもしろいくらいに二文字ずつタイプが変わり潮と澪の影が真逆になるのよね。

(使ってる心理機能はまるっきり違うけどな)

想いを伝えたいが関係が壊れるのが怖い、これは好きな人とは幼なじみや友達になってしまったうえ、周囲の人々の価値観や空気感を重んじる外向的感情が優勢な人間あるある。

しかしこれ、明らかに慎平に不吉なことが起きて澪は伝えられぬままっちゅうフラグにしか見えないのは気のせいではないだろう。

潮にもハイネの影響があらわれたのかなにやら何者かに乗り移られてしまう異変が発生してるしな、すでに一度は追い詰めたシデも復活してきているし安泰ではいられなくなったぞ。

次回の感想記事

404 NOT FOUND | AnMaGa〜新作アニメの感想ブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました