ラブライブ!スーパースター!!第8話感想:葉月恋スクールアイドル加入!でもなんともいえない決着

2021年夏アニメ



ラブライブ!スーパースター!!第8話「結ばれる想い」感想


前回の感想記事

ラブライブ!スーパースター!!第7話感想:生徒会長選、新設校なのに廃校の危機!?
ラブライブ!スーパースター!!第7話「決戦!生徒会長選」感想前回の感想記事第7話感想なにやら前回第6話でちぃちゃんをいじめていた子のリーダー格が葉月恋ではないかって騒がれているんだけど、どう...

第8話感想

葉月恋がなぜかたくなにかのんたちのスクールアイドルに反対していたか、その考えに至った恋のなかのモヤモヤが高校時代のアルバムを見つけたことで無事に解決されたので晴れてスクールアイドルに加入しましたよ!ってお話。

まだ廃校の危機から免れたってわけではないが、スクールアイドル活動を生徒会長が認めたことで、いよいよ学校の顔として活動の幅が広がったよ!って流れ。

そしてスクールアイドルのグループ名決めがこのタイミングになるのかというと、それはメンバーが集まったうえで、学校公認にならないといけなかったからだった。

そのためにスクールアイドル活動に反対する葉月恋も攻略しないといけなかったわけなのか。

しかしまあ前回から今回にかけて、「新設校なのに廃校の危機」に加え突っ込みどころしかない展開をどうもありがとう花田さん。

みんな最後の文化祭でのライブパートを見て感動をしていたが、本当に感動できるのか?をもっかい考えていく。

なにせ最初から反対の一点張りだった上、「運営する資金がないので文化祭は音楽科だけが参加できるようにします!」って、選挙の時の公約を破ってまで普通科を排除しようとしていたことが根底にあるからね。

つまりはその決定をした理由の一つが資金なわけでしょ、お金がないからお金を呼び込める音楽科を優先します、お金を呼び込めない普通科は私に勝手に音楽活動をしないでください、なんてのを先にやられてるからねえ。

設立者の娘とはいえ選挙前までは一生徒だった人物が普通科は普通のことだけしててくださいって圧力かけて制限してくるんだぜ。

どっちが理事長、設立者だよ。

そして今年の文化祭は諦めてください!(今年は乗り越えたとしても来年以降どうなってるのかはわからないので場合によっては諦めてください!)ってなったらそりゃあなた生徒からの反発は高まるよ、実は恋は学校創立者の娘ですって知ったらなおさら怒り狂うだろうに。

医療体制やばいです!でも自分の病院には空いてる重症病棟が常に3割~5割あります!って補助金132億円をぼったくって有価証券を買ってたメガネかけた初老の男性から不要不急の外出を自粛してください!って1年以上言われ続けている国民がいまこんな感じになってるのよ。

で、私も本当はスクールアイドルを立ち上げしたかったけれど、前身となる高校の廃校を止められなかった母親があのときどんな思いだったのかがわからないからよその人間によるスクールアイドル活動を禁止しますってこれもう学校の事情というか方針というよりはもはやあなたの私情じゃない。

知らないよ、なぜならもっと上の立場っちゅうか学校のトップである理事長は活動を認めてるからね。

大多数の人間にはエピソード記憶として感動的な物語に仕上がってたんだろうけど、基本的にエピソード記憶をしないこちらとしては学校の運営資金っちゅうお金が大いに関係してきてるうえ、スクールアイドル反対の理由が個人的なことだったから口が真一文字になってしまってたまらない・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました