からかい上手の高木さん3 2話感想:好きの豪速球がビュンビュンと投げ込まれる西片

2022年冬アニメ



からかい上手の高木さん3第2話「気配」「続・気配」「持ち物検査」「図書委員」「夕日」感想


前回の感想記事

からかい上手の高木さん3 1話感想:高木さんと西片、それぞれの夢オチ
からかい上手の高木さん3第1話「握力のやつ/日焼け/新学期」感想アニメ公式サイト第1話感想エンディングは鈴木雅之のカバー。また夢で西片に会いたい、高木さんの西片への想いがうまく選曲に...

第2話感想

このへんのエピソードからは実は原作既読。

「気配」は原作でもセリフ皆無のエピソード、ディ○ニーの昔の短編映画みたいなBGMとともにやんわりと後をつける高木さんは楽しそうだ。

高木さんにビー玉を手に入れたことを自慢しようと思ったら先に言われてしまう西片なる図式はおなじみの光景だけど、学校まで西片を我慢できなかったのか気が済んだところで西片の前に偶然を装って現れちゃう高木さんも自分の気持ちに正直に動いていて健気だよな。

「持ち物検査」は男子が好きな女子の体操服を恥ずかしくてさわれないっちゅう思春期あるあるがよく出てたね。

しかもその真理を逆手にとって、西片に返そうとしてたマンガ本をこれ見よがしに仕込ませてさらにからかうっちゅう高木さんの高レベルの技が光ってた。

持ち物検査の練習なるイベントを作って先生役になりきってまで西片をからかう高木さんのいじらしさがよく出てたよ。

「図書委員」は高木さんが読んでる図書に存在しないセリフをさも存在するかのように音読して西片に告白するっちゅうものすごくレベルの高いことしてきやがった。

なにこの告白せずとも想いを伝える高度なテクニック。

これは恥ずかしくてなかなか男子に告白できない女子でないとできない技だ。

男がこんなことやったら女々しくて狙っている女子からドン引きされるだけだしな。

「夕日」は高木さんにムキになって夕日が見える海岸まで走る西片と、絶対に海岸にいるだろうとお使いを終えて急いで西片がいるであろう場所に向かう高木さんの相性の良さが見えた。

しかも高木さんは途中で飲み物を買って西片をねぎらっているんだぜ、狭い路地が多い島の住宅街をどれだけ急いで自転車で走っていたんだろうな。

高木さんもノーヒントでその海岸を見つけられるあたり、海岸は夕日の隠れた名所として地元の人には知られているんだろう。

LINEの返事がそっけないと思ったら実は後ろにいたっちゅう展開で、わざとそっけない返事を書いたのがわかるよね。

しかもこのエピソード、原作ではラス前のエピソードなのが驚き。

西片と夕日が見れたことを喜ぶ高木さんの言葉、西片、それは遠回りの告白なんだから気づいてやりなさい。

もはや高木さん、夏祭りのあのイベントを経てからからかいながら瞬足のど直球をガンガン投げ込んでくるようになってたね。

そろそろ西片のことを勢い余って後ろから抱きしめそうな絵しか浮かばなくなってきてしまった。

次回の感想記事

からかい上手の高木さん3 1話感想:高木さんと西片、それぞれの夢オチ
からかい上手の高木さん3第1話「握力のやつ/日焼け/新学期」感想アニメ公式サイト第1話感想エンディングは鈴木雅之のカバー。また夢で西片に会いたい、高木さんの西片への想いがうまく選曲に出てきてる。そして、AパートとCパート、どちらも西片と高木

コメント

タイトルとURLをコピーしました