探偵はもう、死んでいる。第8話感想:明かされたアリシアの正体、アイツだった。

2021年夏アニメ



探偵はもう、死んでいる。第8話「そうしてもう一度、旅にでる」感想


前回の感想記事

探偵はもう、死んでいる。第7話感想:君塚とシエスタが朝チュンしてただけ
探偵はもう、死んでいる。第7話「いつか、この日を思い出す」感想前回の感想記事第7話感想君塚「さっきから話が噛み合ってないうえつまらない話を聞かされている」視聴者の気持ちを代弁かな。ま...

第8話感想

子安があの口調でラストに出てきたからもはや進撃の巨人ではなくロズワール(リゼロ)しか連想されないんだけど。

おい美術さん、海外にV35スカイラインはまだしも、クラセダなんてがいるのか!?!?

もう第5話からずっとダラダラと過去編やってるもんだからいつになったらシエスタファンには大変申し訳無いがいつ自分氏ぬんや!はよ氏ね!って思いながら見てた、本当にシエスタ生前最後の事件となるこの過去編で最終話まで行かないだろうな?

今回のラストにおいて、アリシアの正体は実は一度戦って負かしたはずのヘルだった、っていう結論が推理によって導かれていった、やはりこの事実が君塚にとってはまあ~受け入れ難かったようで。

人情を大事にしたい君塚と、探偵として私情に流されずに事件を解決していくシエスタなる意見の対立もあったっけ。

このへんの話は国民的大人気小学生名探偵のあの作品でも語られたことがあったっけか、原作の内容をもう覚えていないから分からんが。

っていっても、あなたも指輪にこっそり発信機取り付けていたじゃない、唐突なタイミングで指輪をアリシアに渡したのはうっすら気づいていたからだろ?

でも実際にそうだと推論を説明されたくないし、説明されてもなお信じたくなかったってやつだな。

つまりは君塚くん、すっかりアリシアに入れ込んでいたのな。

そういや冒頭でアリシアは「事件の終結を優先させよう」なんて発言してたけど、そういうことか、風靡の正体を探ると事件は終息しないどころか、自分の正体も芋づる式にバレるからシエスタたちにこちらに気を引かせないように会話で誘導していたのな。

確かにアリシアの出現タイミングがヘルを一度負かせた次の日の昼と明らかにタイミングができすぎていたし、彼女には記憶喪失なんて設定もあったけど特に記憶喪失などなかったかのようにしれっと溶け込んで会話してるし、今にして思えばこれらも全て伏線だったってことだね。

冒頭やたら具の野菜がでかく火がとおってないカレーを食わされていたと思ったらそういうことか(これは1分後にいつもの包丁がなかったと君塚が言ってるし、5分後くらいにもシエスタの包丁がないって会話があってここで半分回収され、包丁そのものは事件現場で発見されたことで全回収された)、アリシアが探偵役になりきろうとして、君塚たちから離れ一人で別行動を取っていたのもこれもまたそういうことか。

君塚がいつもの包丁がなかったと言ってるのにシエスタはなぜ包丁を探しているのか、せいぜい違う場所においてあるくらいだろうと思ってるのか。

でもアリシアが5人目の被害者の母親に投げかけた言葉はきっと17歳の彼女から出た本心だったと思うよ、ただし娘さんを殺害した犯人もお前っていう事実が明かされたことでその本心も本心なのかどうか疑わしくなってしまったけどな。

じゃあどっちやねんって話だけど、二重人格とか言って逃げてたっけね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました