新米錬金術師の店舗経営1話感想:異世界転生でも追放でもないなろう作品

2022年秋アニメ



新米錬金術師の店舗経営第1話「お店を手に入れた!」感想


アニメ公式サイト

TVアニメ「新米錬金術師の店舗経営」公式サイト
2022年10月放送予定!TVアニメ「新米錬金術師の店舗経営」公式サイト。私に出来ること、みんなのために ――「商売」始めます!

第1話感想

原作は恒例の小説家になろうなんだけど、どこから掘り出し物を見つけてきたのか異世界転生でも勇者パーティーからの追放でもなくなんと両親を亡くした女の子が孤児院で猛勉強して新米錬金術師になり自分のお店を開くよってお話。

たしかにお店を開くまでの流れがトントン拍子なのではないか?学校で学んでる描写はたったひとこと、「ぼっちでした」で一瞬で終わったぞ?錬金術師なのに店??RPG不動産かな?ってちょくちょく気になる点はあったけれどそれでも必死になって主人公のサラサが猛勉強し、学校の卒業試験でも課題クリアに必要な調合アイテムが足りないなら足りないなりに師匠との修行で習った知識をもとに代替案を見つけ出して主席でクリアしてみせる努力家である描写がなされていた。

それにしても今回のストーリー、ものすごい快速運転してたよね、もはや快速じゃなくて特急、あるいは快特三崎口行きみたいな速さだった。

中級回復薬を作れと試験官から言われて原料がないから上級回復薬を作って試験官の度肝を抜かすってくだりはこれはなろう構文に見えなくはなかったけどな。

とはいえあまたのなろう作品はこの試験という名の関門を180度真逆のチートとかいうシロモノで難なくクリアしていきやがるからまるで気に入らないのである。

やっぱりチートはダメなんだよチートは!

つくりものの知性、つくりものの頭脳、つくりものの肉体で俺って実はすごいやつなんじゃね?なんていわれてもこちらからしたらつくりものの知能で何を言っているのとため息をつかざるを得ない。

しかしまあサラサの生い立ちが悲惨だったな…いい両親に恵まれていたのに両親が命を落としてことで突然に孤児院送りにさせられてしまったからな。

とはいえみんながワイワイ遊んでる中馴れ合いは不要だとばかりに学びに一点集中して難易度が高いという錬金術師の試験を首席で合格する成り上がり術を持ち合わせていた、現実逃避でもいいからこういう継続する力はこれからの日本でも必要になってくるから絶対に身につけておいた方がいい。

目の前の快楽に溺れてはいけないのである。

次回の感想記事

新米錬金術師の店舗経営2話感想:店の外観がツタと雑草だらけなこと以外全てがご都合!
新米錬金術師の店舗経営第2話「村にやってきた!」感想前回の感想記事第2話感想晴れて錬金術師となったサラサは師匠より田舎にある店を紹介されたがその店はなんと、外観がツタだらけで草ボーボーだった...

コメント

タイトルとURLをコピーしました