天才王子の赤字国家再生術4話感想:登場から5分でアホな死に方をしたゲラルト

2022年冬アニメ



天才王子の赤字国家再生術第4話「二人の知謀」感想


前回の感想記事

天才王子の赤字国家再生術3話感想:新ヒロイン•ロウェルミナ登場
天才王子の赤字国家再生術第3話「そうだ、政略結婚しよう」感想前回の感想記事第3話感想前回までの戦いはほんのチュートリアルにすぎなかった。アントガダルなる初出の貴族についてをウェインが...

第4話感想

皇子たちの対立に乗じて帝国内で勃発しようとしている内乱を利用して窮地の関係であったウェインを含めナトラ王国をも巻き込んで女帝の座を狙うロワと貧乏国家だからその計画に国ごと巻き込まれたくないと裏で策を実行にうつすウェインの心理の読み合いが思わぬ展開が起きたことで両者が共闘関係に至る流れ。

なんとかして女帝になるために周辺の国家の後ろ盾と「帝国内で勃発しようとしている内乱計画を事前に入手して自らの手でそれを阻止した」名誉を得たいロワと彼女の目論見に巻き込まれることを回避したいウェインがロワの目論見を潰すべく互いに何手も先を読む腹の探り合いは不穏じみててよかったんだけどな。

中盤から登場したゲラルト、見た目があからさまに記号的に醜悪なうえ死に様も本当に頭悪くて笑ってしまったよ。

ウェインが見知らぬ武器が国内で出回っていることから近くなにか動乱が起きると察知し、動乱を起こすであろう帝国に吸収されたかつての独立国のひとつに帝国への反逆を阻止するためにロワを差し向けてあの醜悪な見た目の御子息に娶らせて侯爵を釣り反逆計画の全容を暴かせる、そこまでを考えた書簡を送ったまでは良かったのになあ~

書簡を見てなにを勘違いしたのかゲラルトは勢いだけでノコノコとナトラ王国に赴くのもそうなんだけど、目の前に恋をしてる女がいるからいいかっこしようと宴の席でウェインと手合わせ、しかもチャンバラレベルのどうしようもないものを申し入れたら酒に酔ってるからか自分の足でつまずいてしまって部下の護衛の前で恥かいたもんだからぶちギレてウェインに突進したらウェインに見える子ちゃんのごとく回避されて勢い余って転落死したってなんだよそのトンチキな展開お前、そりゃ使者も頭いたくなって侯爵に伝令したのち寝込むわ。

ゲラルトあんな出オチキャラで良かったのかおい。

あいつもウェインを天才にしたいがために都合よくアホキャラを演じさせられることになった、つまりは被害者だったよ。

しかもこんな醜い死に方を使者もそのまま侯爵に伝えるわけにもいかんしな。

とはいえ、こんなギャグ展開でもゲラルトはウェインから送られた謎の書簡につられて自分から出向きそのまま暗殺されたと話が盛られナトラ王国とアントガダル領の関係が悪化することになるんだもの、ウェインもニニムもロワも視聴者も別な意味で胃を痛めているだろうに。

ウェインとロワが友人たちとともに士官学校時代での暗躍を再現し侯爵を追い詰める展開に発展させたいがためにこのおバカ展開にしたんだろうな、ってのが見え見えだったね。

次回の感想記事

天才王子の赤字国家再生術5話感想:グリナッヘは無事、帝国に拘束されました
天才王子の赤字国家再生術第5話「そうだ、罪を被せてみよう」感想前回の感想記事第5話感想いつものようにバカな息子の親はバカであり、バカ親の思考は天才でなくても読めてたから事前に先回りして策を講...

コメント

タイトルとURLをコピーしました