天才王子の赤字国家再生術5話感想:グリナッヘは無事、帝国に拘束されました

2022年冬アニメ



天才王子の赤字国家再生術第5話「そうだ、罪を被せてみよう」感想


前回の感想記事

天才王子の赤字国家再生術4話感想:登場から5分でアホな死に方をしたゲラルト
天才王子の赤字国家再生術第4話「二人の知謀」感想前回の感想記事第4話感想皇子たちの対立に乗じて帝国内で勃発しようとしている内乱を利用して窮地の関係であったウェインを含めナトラ王国をも巻き込ん...

第5話感想

いつものようにバカな息子の親はバカであり、バカ親の思考は天才でなくても読めてたから事前に先回りして策を講じて心を折らせる余裕がありましたよ的な展開での一連のアントガダル侯の帝国への反乱劇の幕引きだった。

これからお前たちは帝国への反乱を起こす予定だったんだろ?相手を出し抜きたいのであればもっと裏をかいてウェインも全く想定してないような動きを見せなきゃ…なんでことごとくウェインの読み通りの動きをしちゃってるの。

これじゃもし帝国に反乱を起こしたとしてもすぐに制圧されちゃうよ!

ウェインがあんなにわかりやすく背中向けて馬走らせて自国へと逃げてたらなにか裏があるに決まってるでしょ!!

むしろウェインはあそこでお付きの軍勢により拘束されそのまま処刑されるリスクを背負いながら自らグリナッヘの屋敷に乗り込み話し合いの場を持ちかけたっちゅうその度胸を買った方がいいのだろうか。

あの話し合いの場でもひとつふたつウェインを出し抜き只者ではないと思わせるワナくらい仕掛けときなさいよグリナッヘさんよお。

あなたはこれから帝国に反乱を起こそうとしているんでしょう!?

相手から来てくれたのにそこで食い下がらずにチビってすごすご話に乗ってるんじゃないんだよ!

安易な方法ではあるが飲み物に毒でも仕込んどきなさいよ!

それでもウェインは出されたお食事こそ怪しいと見て飲み食いしないでしょうがな!

必死になって抵抗すんだよ!

ロワのウェインへの色恋の話よりも、グリナッヘがことごとく相手の読み通りの行動をし続ける単純な脳構造をしていたことが強く印象付けられたかな。

次回の感想記事

天才王子の赤字国家再生術6話感想:ニニムは白髪の方がいいと思います
天才王子の赤字国家再生術第6話「そうだ、国際会議に出よう」感想前回の感想記事第6話感想カバリヌ王国とは第2話終盤でウェインが外貨を得るために金鉱山の攻略をしているのを機と見て宗教がらみの理由...

コメント

タイトルとURLをコピーしました