天才王子の赤字国家再生術9話感想:フラーニャ、3万人の市民を引き連れて行進す



天才王子の赤字国家再生術第9話「偶像少女」感想


前回の感想記事

天才王子の赤字国家再生術8話感想:ウェインのかわりにフラーニャが会談に訪問!
天才王子の赤字国家再生術第8話「そうだ、私がやってみよう」感想前回の感想記事第8話感想フラーニャの公務デビューといままでロワの会話だけで語られてきた帝位継承争いが映像になった回。公務...

第9話感想

韓国のグロス請け回。

途中から頭がこんがらがってきたのでもっかい整理しよう。

今回の舞台、ミールタースは帝国にあるが自分たちがここまで規模を大きくしたと自負する商魂たくましい市民が自治権をもぎ取った街、そんな街で帝国が三人の皇子による次期皇帝を決める会談を行ったのは影響力を誇示するためであり、誰かに次期皇帝が決まることを期待していたロワの思惑とは裏腹にここで皇帝は決まることはなく。

で、ウェインやフラーニャの婚姻話も絡む一連のディメトリオ暗殺未遂事件に乗じて帝国はこの事件を帝国の影響力に抵抗するミールタースの市民がやったことだと罪をなすりつけて包囲し帝国の力を見せつけようとした…

まあこのへんは自治権も持ってる商人らの影響力が逆に帝国の政治をも変えかねんって判断なんだろう。

あれ、結局マンフレッドが部下に命じたウェインの暗殺はどうなったの?あのあとに従者の女に入れさせた茶に毒を混ぜて飲まそうとした事件がその暗殺の決行だったってことかな?

あの茶に毒が混ざっていることをウェインはどのように見抜いた、もしかして、ウェインから見てお盆の向こう側(ウェインとディメトリオは向かい合って座っていて、従者はウェインから見て右側から茶を出そうとしたがそのときディメトリオの近くにあった方)のティーカップを自分に提供した点になるのかな?

まあたしかに普通はあんな提供の仕方はしないわな、なんでわざわざ遠い方のティーカップを自分の方に置くのかと。

それでも即座に毒味させようとしたのは危険な場面を何度も経験してきたウェインのナイスブワレーになるだろうか。

だがなんでウェインは容疑者として勾留されていたのに数日後に無事に釈放されたのさ。

それは嫌疑不十分だったからなんだろうがそれでもあっさりと釈放はせんだろ、次期皇帝候補が暗殺されかかってるんだぞ?

おかげでこの場面におけるウェインだけめちゃくちゃご都合主義な動きにみえてしかたがない。

まあ、そのディメトリオがおしっこちびって領地に帰っていったのは笑ったけどな、ほんとにこいつ無能だったよ。

そしてフラーニャの演説を聞いたんだけどあれ、あなたがたはこのミールタースにおいてはどんな立場に立っていたんだっけ?

お前たちは自治権を帝国からもぎ取って自分らで議会開いて街を大きくさせてきたのに何ここで皇帝候補の軍勢を前にひよってんのって立場なんかな?

立場があまりにも不明瞭だったもんだからフラーニャの言動の意図が掴みづらかったかな。

しかし帝国には与しないとフラーニャは3万の市民を脱出させたところで行くあてないし、あなたがたはそもそも丸腰で街を出てて武器持ってないしで帝国とは戦えないじゃない、いままで何度も武力で戦って戦って自治権を得てきたんでっせミールタースの市民は。

まわりにいるのはみんな言論でどうにかなる人物ではないのにな。

かつて植民地だった国家も宗主国と戦った末に独立を勝ち取っているってのはフラーニャも覚えておいてほしい。

フラーニャとディメトリオの婚姻の話から思わぬ話の方向に動いてきたがそういやミールタースの歴史や議会の様子も同時に描かれていたな前回からずっと。

次回の感想記事

天才王子の赤字国家再生術10話感想:帝国産の品物をナトラ産として産地偽装するウェイン
天才王子の赤字国家再生術第10話「そうだ、バブルに乗ろう」感想前回の感想記事第10話感想前回までそこそこ活躍していたフラーニャ、今回はなんと!1秒たりとも!登場せず!!目の前にあった...

コメント

タイトルとURLをコピーしました