トモダチゲーム2話感想:2回戦の進行役は金○先生

2022年春アニメ



トモダチゲーム第2話「あるでしょ、話したいことが色々…」感想


前回の感想記事

トモダチゲーム1話感想:いきなりゲームに参加させられた5人、友達を裏切ってはいけない
トモダチゲーム第1話「あれ?友一君は友達を疑ってるの?」感想アニメ公式サイト第1話感想高山みなみが大山のぶ代(ダンガンロンパのモノクマ役)ポジに。友一ら5人が参加した「トモダチゲーム...

第2話感想

こんどは金○先生クリソツの人物が出てきた。

第1ゲームは友一の借金倍額リスクを背負った発言で見事にクリア、理由は何であれ疑心暗鬼にかられるなかで裏切り者を含めてハッタリのルール変更発言で裏ルール適用で借金が200万円に減額されているであろう沢良宜、四部、美笠の3人を黙らせて5人を団結させてクリアに持っていったのは見事だ。

実家が裕福でないと明示されている友一がリスクを背負ったのがポイントだな。

どういうカラクリかというと、もし最下位ペナルティを避けるために喋ったならば私は借金が減額されていますとバレてしまうから、クリアするしかないって原理だ。

まあ、裏切り者はその3人ではないんだけどな!なぜなら裏ルールを知っても知らなくても他者の問題に「いいえ」を選ぶ道義はないからだ。

いや、100%その3人は裏切り者ではないと言い切れるってわけではないか、2人までなら「いいえ」が少数派になるし、何人が「いいえ」を選んだかなんて誰にも分からないし。

出題カードにはやはり5人とも裏ルールが書いてあった、個人的には心木のカードにも裏ルールが書いてあったのは想定内。

おそらくみんな同じ内容なんだろうけれど運営側が時間経過で見えなくさせるとかまさに友一対策だった。

友一は昔いじめられていた心木ひとりに借金を背負わせないようにしたんだろうがこれで心木が裏切り者だったらおもしろいんだけどな、可能性は大いにある。

これで現在の借金額を推測すると…

友一:360万円

沢良宜:自称760万円の160万円

心木:360万円

四部:自称360万円の160万円

美笠:自称360万円の160万円

ってところになるだろうか。

第2ゲームはつまりはゴールしなかったボーナスの100万円と第3ゲーム回避と一時帰宅のために友人を売りまくる卑劣なゲームだ。

どこかのマス目に止まると借金が増額する可能性大だからさっさと自分が損せずに誰かをゴールさせてクリアさせよう、そのために友人を売りまくろうってのが狙い。

だから暴露合戦は次第に過激になっていくのかな、母親と風呂に入っていた、1週間風呂入ってないなんてそんなの暴露されているうちに入らないくらいエグいものになっていくだろう。

さっそく1人の女をめぐっての男の汚い顔が見えてきたし、沢良宜志法は整形しているなんてあれ絶対書いたの女=心木だろ。

女の外見の秘密をここで暴露するなんて男はまず間違いなくやらないからな。

目的のためなら平気で友人を売れる、これが運営サイドの言う打算的な友情、この人と友人になっておけば自分にとってオトクであることの意味である。

手が速い四部だけでなくクールな印象の美笠も沢良宜に想いを寄せていたのは衝撃的だったな、そんな男の嫉妬なのが見えて個人的にはおもしろいと感じている。

やってることはまさにゲスだけどな!!

あ、あのときのあの人の表情、あれでだいぶ確信に近づいたよね、第1ゲームの裏切り者はその人に違いないって。

あの人あんな顔するんだ、あれが本音ならばすんごい腹黒い一面持ってるんじゃん、ってなったよ。

次回の感想記事

トモダチゲーム3話感想:裏切り者はお前なのか!?
トモダチゲーム第3話「さすがにそれは信じられないって」感想前回の感想記事第3話感想うーわ、美笠天智、裏切り者はお前かよ…好きになった女を振り向かせたいからってドン引きだわ…いじめられ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました