ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん3話感想:このゲームはやり直しがきかない!

2023年冬アニメ



ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん第3話「リボンと先輩と恋心」感想


前回の感想記事

ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん2話感想:ふたりはリーゼロッテだけでなくみなのバッドエンド回避へ動く
ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん第2話「杖とカンストと神の寵愛」感想前回の感想記事第2話感想遠藤くんと小林さんは乙女ゲーまじこいを実況解説してるうちにひとりのキャ...

第3話感想

第2話の感想記事に「つまらんボヤキ」とコメントされたのでゲーム本編の内容にも踏み込んでいきたいと思う。

ちょうど遠藤くんと小林さんのシーンも少なかったしね。

けれど実際問題、もう一度1話からさかのぼって見ないといけない。

このゲームは貴族が通う王立魔導学園へ進学した庶民の娘、フィーネを育成しつつ何かと突っかかってくる素直じゃないツンデレ悪役令嬢リーゼロッテを撃退してジークヴァルト(リーゼロッテの婚約者)含め男性キャラ5人の誰かをを攻略していくゲームになるが、これ、正規ルートではメインヒーローのジークヴァルトを攻略すると自ずと略奪愛することになるのか、リーゼロッテは絶望の末闇堕ちしてラスボスになるしで意外と乙女ゲーにはないエグい設定が盛り込まれてた。

1話はなにかとジークヴァルトに近寄る女性につっかかってくるリーゼロッテが実はツンデレで、なかなか自分の気持ちを正直に話せずについ真逆の態度をとってしまいがちなところにジークヴァルトにだけ小林さんと遠藤くんの実況が神の声として聞こえるようになったのでキスをさせてみると可愛い反応を見せたので必ず死ぬ結末を迎えるリーゼロッテを助けることにした。

2話ではこのゲームはジークヴァルト含め5人の男性キャラも死ぬ結末を迎えるルートがどこかしらにあることが判明したのでリーゼロッテも彼らも全員その結末から免れることにした。

ふたりはリーゼロッテの心の内を読み、神からの寵愛の名のもとにリーゼロッテとバルドゥール視点も与えられたことでバルドゥールにフィーネを守るように進言、手始めにジークヴァルトはフィーネを強くするためにバルドゥールとアルトゥルも交えての練習試合をさせることに。

その様子はリーゼロッテも見ていたが素直に話しかけられず話しかけたとしてもフィーネのボロボロな杖を折ったりとイヤミだらけであったがなんと予備の杖をプレゼントしてくれた。

今回は話が進みそれはフィーネにプレゼントした杖につけられたリボンの色と生地が気に入らないリーゼロッテだったがそれは実はリーゼロッテがくれたノートを束ねていたリボンを使いまわしたものだと知り一転してデレデレになった。

百合展開になりそうになったのでジークヴァルトにリーゼロッテの杖のリボンに着目させると彼女はほおを赤らめてさらにツンデレになった。

そんなフィーネはバルトゥールと裏山で戦闘訓練へ、すると強い熊のモンスターが出現してきたのでフィーネのバフのおかげでどうにか倒したが、その際に恋愛フラグが立った。

ここからは3話分まとめてゲーム本編の感想を書くが、とりあえずは小林さんと遠藤くんがジークヴァルトを操作して登場人物を動かし小林さんお気に入りのヒロイン、リーゼロッテをデレさせて破滅の結末を回避するために攻略していく作品になるのかな。

なにかイベントがあるたびにほおを赤らめてデレてるリーゼロッテがめちゃくちゃかわいい、あのいつものツンツンツンツンにはこんな目をまんまるにしたデレが隠されているのかと思えるくらいにはかわいい。

お前散々イヤミ吐きつつ実はフィーネにあいそうな杖を見繕い新品のノートと制服を贈呈してくるとかかなりいいやつだな。

これまたフィーネにプレゼントした杖につけられてるリボンで早とちりするのはいかにも恋に恋する乙女らしいというかなんていうか。

一方でフィーネはなにそれチート!?しょっぱなからレベル99だったんだけど。

あのプリティでキュートな見た目で肉弾戦得意ってどういうことなの。

強化の必要が全くいらないボーナス付きなのかよ、異世界転生ものもびっくりの性能を与えられちゃってどうすんの。

なにやらバルトゥールといい感じになってきたじゃない、自分もかわいらしいツンデレさんになっちゃった。

ゲーム本編とは別に冒頭にて遠藤くんが放送部に入った経緯も掘り下げられていたけれどやっぱり野球部は選手の肩を温存しておかないとダメってのがよくわかる、遠藤くんのように部活でムリやり投げさせられて肩壊して野球への道が閉ざされた人間、たくさんいるのでは。

私の中学時代の野球部員クラスメイトも高校で肩痛めたって話を新聞かなんかで知ったしな。

その後肩を治したのかいまでも草野球やってるみたいだけど。

でも野球を失い暗くなっていた少年にあなたは声がいいから放送部に来なよっていって活躍の場を与えてくれた小林さんの見立てはドンピシャだったね。

あと、なぜふたりはゲームキャラを誰も死なせたくないのかってのも描かれたんだけど、そこに野球人生が閉ざされふさぎ込んでしまった遠藤くんに別な活躍の機会を見出した小林さんってのを絡ませてきた。

まだまだ活躍の機会はどこかにあるが自分では気づけてないだけ、周りのサポートがあればかならず気づけるようになるってなかなかいい話だったんじゃないの??問題は自×しちゃう人にはそういう頼れる人間が誰もいないし作れないってところになってきちゃうんだけど。

それよりラストなにこれ、もう一人神視点でマジ恋やってるっぽいプレイヤーがいたんだけどということなの!?遠藤くんと小林さんがマジ恋してるときはそっちのプレイヤーは接続できず、逆もまたしかりってことなのかな!?

次回の感想記事

ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん4話感想:リーゼロッテとフィーネはもう二人で住んじゃえよ
ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん第4話「夏と帰省と会いたい気持ち」感想前回の感想記事第4話感想ジークヴァルトのアシストによりリーゼロッテは夏休み中リーフェンシュタ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました