うる星やつら3話感想:面堂登場で四角関係に発展

2022年秋アニメ



うる星やつら第3話「トラブルは舞い降りた!!/迷路でメロメロ」感想


前回の感想記事

うる星やつら2話感想:あなたに(不幸を)あげる
うる星やつら第2話「あなたにあげる/幸せの黄色いリボン」感想前回の感想記事第2話感想前半はラムに密着されて何度も酷い目にあったあたるが嫌気さして変装して逃げると病弱な巫女、サクラと不意に出会...

第3話感想

あたるのクラスに財閥の御曹司、面堂終太郎が転入しイケヴォイスでさっそく即女子の人気を集めしのぶも彼に惚れていき、さっそく面堂はクラス委員長に立候補したが公約が男子にはスパルタ、女子には激甘だったので男子にかつぎあげられたあたるも対抗馬に立候補、投票してもらったところ同数の得票だったためにドッグファイトが勃発するも投げつけた軍手がラムに当たってしまい電撃を受けたためあたるの勝利で終わった。

先の決闘でラムに惚れた面堂。

校外学習中に洞窟へと足を踏み入れたあたる、ラム、しのぶ、面堂の4人はそれぞれの思惑が重なるなか本当に道に迷ってしまい懐中電灯のライトも切れたためラムの電撃で明るくしたところなんとロケットが打ち上がってしまい天井が崩れたところクラスにより助け出された。

ラムちゃんが教室にいてあたるにくっついている光景をもうみんな黙認してるのなかなか笑えるな。

なぜか校外学習にも参加して豹柄の水着?下着?姿じゃない、貴重な私服姿も見られたしな。

しかしラムが私服姿になるとπスラッシュがなくなるってどういうことだっちゃ?

私服のセンスが80年代の女子大生なのは気にしないでおこう。

教えてほしいっちゃ!

昭和のマンガで一人は必ずいるイケメンな財閥の御曹司キター♪───O(≧∇≦)O────♪

※財閥は戦後にGHQにより解体されたっていう話はフィクション作品には通用しない

校門にてリムジンから降りるのではなく、ヘリコプターからスカイダイビングで通学なるおぼっちゃまくんでも見たような気がするキザったらしい登場の仕方も健在。

ヘリの中に庭付きの茶室があるってどういう構造してるんだあれ。

ヒロインがそのイケメン御曹司にやさしくされて惚れちゃうお約束の展開もキター♪───O(≧∇≦)O────♪

そして声優が宮野真守キター♪───O(≧∇≦)O────♪

だけどもはや宮野が出ると場の雰囲気が一気に宮野劇場になるのが困るところ。

まあ、その御曹司はラムちゃんに傾くんだけどね!

これにてあたる、しのぶ、ラム、面堂の四角関係爆誕!!

初登場で男同士即恋のライバルになりつつもなにやら親密になりつつある、そんななんともいえない関係性になってた。

面堂の公約、男子にはスパルタ、女子には激甘ちゃんっちゅう明らかに男の願望丸出しなのがほんとうにおもしろい。

と話をおもしろおかしくこねくり回してくれるライバルキャラが出てくるのはいつの時代も変わらず。

結局のところ誰がクラス委員長になったのか、決闘の末あたるが勝ったとはいえそれもうやむやなままAパート終わっちゃった!

Bパートは校外学習を経て面堂が女子の前ではかっこわるいところを見せられないプライドのかたまりだったことが判明した回。

しかしまあ暗所&閉所恐怖症をであることを女子の前では見せる事はしないっちゅう面堂あいつオバケじゃないのか?

ってことはあれか、内心心臓バクバク言いまくっていたってことか、でも声も震えてなかったしうまく隠し通せていたんなら大したもんだよ。

次回の感想記事

うる星やつら3話感想:面堂登場で四角関係に発展
うる星やつら第3話「トラブルは舞い降りた!!/迷路でメロメロ」感想前回の感想記事第3話感想あたるのクラスに財閥の御曹司、面堂終太郎が転入しイケヴォイスでさっそく即女子の人気を集めしのぶも彼に...

コメント

タイトルとURLをコピーしました