うる星やつら12話感想:テンちゃん登場&コンプライアンスへのあくなき挑戦

2023年冬アニメ



うる星やつら第12話「テンちゃんがきた/ふたりだけのデート」感想


前回の感想記事

うる星やつら11話感想:面堂の家どれだけ仕掛けを仕込んでるんだよ
うる星やつら第11話「面堂兄妹!!/面倒邸新年怪」感想前回の感想記事第11話感想面堂兄妹!!年末も近づき、登校中のあたるの顔にハンカチが飛んできた、匂いをたどると黒子が引く牛車を見つ...

第12話感想

テンちゃんがきた

新年を迎えラムの晴れ着姿にあたるの両親が気を取られあたるがふてくされていたところに何者かがお尻をこちらに向けて郵便ポストに挟まれていた、彼はラムのいとこのテンちゃんといい3人はさっそくサクラ先生のところへ新年を挨拶をしに向かうも行きしなにテンちゃんからラムの恋人であることを認めないと背中を燃やされてしまった。

サクラ先生の住まいにはしのぶやランちゃんも来ていた、カルタに乗じてサクラ先生やしのぶの手を握りランちゃんとキスをしようとするあたるをこらしめたり隠し芸を披露したりするテンちゃんはあたるを池にぶん投げたサクラ先生に好意を持った。

先週12話かと思ったら年をまたいで12話が放映された、OPとEDが変わっていたので今回から2クール目になるかな。

やっとこさテンちゃんも出てきたわ、このへんで主要な登場人物は出揃ったかな。

あたるは新年早々あざとくかるた取りに失敗したと見せかけてガールズの手を触ってるんじゃないよ、もう高校生にもなったら下心があまりにも見え見えすぎて怪しすぎるよ、そういうのはテンちゃんにしかできないんだよ。

そしてあたるとテンちゃんとあとは今回は出てこなかったが面堂、お前ら揃いも揃って女の子をみるや口説き出すもんで所詮は類友じゃないかよ。

どうにかライバルを蹴落としたいとここの男性陣は自分の女にデレデレな面を棚上げしてずっと低レベルな張り合いしてるんだけどなんと2人が3人になっちゃった。

テンちゃんはあたるを池に容赦なくぶん投げるサクラ先生の豪快さに惚れたってところかな。

ふたりだけのデート

サクラ先生に一目惚れしたテンちゃんはラブレターをあたるに翻訳してもらい先生に差し出すもあたるの工作で内容があまりにも卑猥なものになったため激怒した先生は待ち合わせ場所で書いた人物をこらしめようとしたがそこにモジモジしたテンちゃんが来たので怒るに怒れずテンちゃんのエスコートでデートをすることになった。

デートプランはあたるが考案したものであるがなんと行き先は同伴喫茶と映画館だったうえこそこそ後をつけていたことがバレてしまった。

あたるたちはサクラ先生につまみ出されてしまったがテンちゃんは大満足であり、最後にホテルを残したところでテンちゃんはプロポーズをするも指輪に気づきショックを受けてしまいあたるを責め立てた。

サクラ先生のサクラ色の唇はまだしもサクラ色のなんたらかんたら(女性の下半身にあるパーツに男性のパーツを突っ込んでって意味だと思うよ)って令和のクソみたいなコンプライアンスに真っ向から挑戦してて笑ったわ、しかも沢城みゆき嬢の口からバキュンバキュンまじりのセリフをなんと一度ではなく二度も言わせてたからな。

最初に卑猥な言葉をバキュン音混じりで出させていたもんでその後のデートもその卑猥なイメージに引きずられてしまうことになる楽しい話になってた。

待ち合わせ場所がその手の看板だらけな場所ってどこであたるは見つけてくるんだよそんな場所を、インターネットもない時代にさ。

痔の手術にはじまりとかげにあとはスーパーチャージャーロケットブースターストロングゴールド(精力増強剤ですね)と金色に光る握りこぶし(これを飲めばあなたの下半身が握りこぶし大の大きさになるってこと)やで、いちいち説明してられるかよ。

サクラ先生は手紙を書いたバカ野郎をこらしめにきたのにテンちゃんはデートに本当に来てくれたといいように勘違いさせてるしな。

もちろんあたるとラムが後をつけてきていてものの見事にバレるっていうオチに至るまでおもしろい、てか映画上映中にでっかい声を出すな、ラムも本当は意味するところを知ってるんだろう??かまととぶってないで本当のことを言っちゃえよ☆

キッズたちわからんと思うで、同伴喫茶とかピンク映画なんてまさにコンプライアンスがゆるゆるだった昭和の遺物だもの。

同伴喫茶とはパーティションで仕切られた暗い店内で男女がイチャイチャどころかその先の深い行為に及べるあやしい雰囲気の喫茶店、ピンク映画は強いお色気シーンがある映画。

もう平成に入る頃には姿を消してしまったが池袋駅北口出てすぐのところには私が高校生の時くらいまでピンク映画上映してる映画館があったっけね。

もちろんテンちゃんがその手のことを何も知らないことを知っててこのプランを作ったんだろうな、サクラ先生に嫌われさせるために、まったく低レベルな男だぜ!!

いやーほんとに全編コンプライアンスに挑んでいたなあ…どうやってラムとあたるはその手の映画館に入れたんだよ。

そして男が速いスピードでオープンカーをかっ飛ばしふっとい海苔巻きを女が頬張り水族館のショーでアシカとトドとセイウチが暴れて水ぶっかけられるアホらしい映画逆に見てみたいんだけど。

次回の感想記事

うる星やつら13話感想:買い食い大戦争、商店街の人間は生徒の味方
うる星やつら第13話「買い食い大戦争/テンからの贈り物!!」感想前回の感想記事第13話感想買い食い大戦争職員会議にて友引商店街での昼休みの買い食いの取り締まりが行われる話を盗み聞きし...

コメント

タイトルとURLをコピーしました