宇崎ちゃんは遊びたい!ω4話感想:桜井のことを意識して日和る宇崎ちゃん

2022年秋アニメ



宇崎ちゃんは遊びたい!ω第4話「宇崎ちゃんはマウントとりたい!」感想


前回の感想記事

宇崎ちゃんは遊びたい!ω3話感想:宇崎ちゃんと桜井は相性バツグン
宇崎ちゃんは遊びたい!ω第3話「宇崎ちゃんは学祭に行きたい?」感想前回の感想記事第3話感想大学の一大イベント学園祭を回る気はなく部屋でゲーム三昧をするという桜井に宇崎ちゃんはなんだかんだ構う...

第4話感想

先日の文化祭で桜井との相性は引くほどピッタリと言われた宇崎は桜井は自分のことが好きであるとバイト先にて亜実や榊の前でのろけつつも桜井のことを意識してしまいウザ行動ができなくなってしまっていた。

そのわりに桜井から呼ばれたときにはさっさと向かっていく様子を見てふたりは対策を考えていくことに。

数日後、宇崎のバイト中に来店した榊は彼女が浮かれてるが桜井からのアタック待ちになっている様子を見てついつい桜井は大学同期の女性から人気だから誰かに言い寄られる前に早くお手つきにしたほうがいいと一言かけてしまう。

亜実も桜井をいやらしい目で見てるとも言われ焚き付けられた宇崎は桜井の迎えで帰宅していったがやはりウザ行動が控えられていてどこかムリしているようだった。

桜井は宇崎親子からコロッケの調理法教えてもらっていた、そんななかすりよってきたペットの餌やり中にあのときの榊の言葉に悩む宇崎は桜井と別な女性とのあらぬ関係を想像し悶々としてしまう。

一方で桜井は宇崎母の呼び方に悩んでいて下の名前を聞いてみると宇崎母は自分が言い寄られてるのではないかと動揺するが視聴していたドラマのワンシーンから連想し下の名前を教えた。

もうすぐコロッケができあがる!ってところで宇崎母は娘と桜井の思惑がつかめずにいたのでひとこと男の子はまず誠実であるべきだとアドバイスをかけていった。

だが宇崎は桜井が母のことを下の名前で呼んでるのを聞いてまた悩みが増えてしまった。

早見沙織のキャラクター、昨日は料理を教えられていたと思ったら今日は料理を教えてた、今週は私が視聴してる作品において料理を教えたり教えられたりするシーンがあるのが3作品連続してるな(SPY×FAMILY、ふうこい、宇崎ちゃん)

宇崎ちゃん、どうも文化祭での桜井との相性はバッチリです!からすっかり安心しきっちゃったみたいね。

つまりはあのウザ絡みは桜井の気持ちが分からないうちは自分に気を引かせようとしていた、不安を隠すためのものだったってことになるんだけども…

もっとグイグイ行くタイプかと思ったらそうでもなかった、中身はフツーのウブな女子大生だった。

本当はふたりの相性バッチリなだけであってお相手が自分のことを好きかどうかはまた別問題なのにね。

まあ桜井も宇崎のことは好きなんだけどさ!好きなんだけどさ!

だから裏でいろいろ糸引いて不安がらせて宇崎になんとしてでもアクション起こさせようとなびかせてる亜実と榊はほんっとに悪魔だよな〜って思っている。

桜井も早く手出ししやがれよ…宇崎を家に呼んでゲーム以上のことを何もしないとかお前男がよって思えてならないが桜井の性格上、どうも慎重にことを動かしていて、そう言う関係に至るまでには順序立てないといけないみたいね。

宇崎が自分のことを好きであると確信するまで動かずに、つい勢いで火遊び、ワンナイトラブしちゃったみたいなことは絶対にしないタイプ。

ってのが後半のコロッケ作りを宇崎母から教えてもらうパートからも見えてきたぞ、調味料をミリグラム単位まできっちり測ってるあたりかなり慎重に事を進めるタイプであることが分かる。

だからゲームも堅実にプレイしてこれと言って大胆で無茶な冒険はしないタイプであると見ている。

だが宇崎母のことをなんて呼べばいいのか迷って下の名前で呼ぶのはあまりにもキケンだよお…この家一家揃って妄想癖激しいからね。

宇崎母は変な恋愛ドラマの見すぎだよお…なんだよ、下の名前を教えない=自分のことを男として意識してるってどんな理論だよ。

おかげで娘にいらん勘違いさせちゃってるじゃないの。

わりと不自然な展開を入れてまで桜井のことについて宇崎ちゃんを不安がらせてアクションを起こさせたいのねそうなのね。

次回の感想記事

宇崎ちゃんは遊びたい!ω5話感想:関西電気保安協会を言わせる宇崎家
宇崎ちゃんは遊びたい!ω第5話「宇崎一家は勢揃いしたい!」感想前回の感想記事第5話感想前半は桜井が宇崎母のことを「月」と下の名前で呼んでたことが気に入らなかった宇崎が機嫌を悪くしてしまい、バ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました