Vivy-Fluorite Eye’s Song-第5話感想:正史からずれるAIの進歩、マツモトの狙いは

2021年春アニメ



Vivy-Fluorite Eye’s Song-第5話「Sing My Pleasure-あなたを笑顔に-」感想


前回の感想

Vivy-Fluorite Eye's Song-第4話感想:エステラには双子の妹がいた!?
Vivy-Fluorite Eye's Song-第4話「Ensemble for Poraris-私たちの約束-」感想前回の感想第4話感想今回はヴィヴィがマツモトの記憶している想定よりも2...

第5話感想

今回はサンライズの一件から5年後、マツモトがヴィヴィの前に三たび現れAIの進歩がマツモトの記憶している正史よりも加速していると指摘し、その流れを阻止するために正史よりも20年早く完成したAIがAIを製造する海上無人プラント「メタルフロート」の機能停止をすべく、プラントの建設に関わったとある研究者のもとへ向かったエピソード。

その研究者とは元反AI過激派組織トァクの冴木タツヤ博士で彼は組織から足を洗ったのちメタルフロート計画を立ち上げて、さらにはグレイスと世界で初めてAIと結婚した人物でもあった。

博士はメタルフロートの全機能を停止するプログラムを作成してストレージとして保存していて、どうやら彼もAIの進歩が想定よりも早すぎて人類に余る存在であることを危惧して機能を停止させたいようだった。

もし昨日を停止してしまうと妻のグレイスも止まってしまう、博士はこれを認識していて、あえてやろうとしているのだ。

プログラム入りのストレージを受け取り視察と偽ってメタルフロートへと侵入したヴィヴィは土木作業用ののちにMと呼ばれるロボットに案内されて完全に無人でAIが自律的に動いているプラント内の各施設を案内してもらい各種ロボからの祝福を受けていたが突如トァクが接近し緊急アラームが鳴り響いたことでMに予定通り機能停止プログラムを起動、これにより、彼らに将来訪れるであろう未来が消滅することとなった。

そんななか、施設内が緊急対応モードとなり島中のAIが戦闘状態へと移行、トゥクの操縦した兵器は全て落とされてヴィヴィは海に墜落した機体からリーダーのユウゴを救出したのであった。

アラヤシキの高さで視聴者に視覚的にAIの発展度合いを見せてくる心優しいスタイル。

サンライズの落下の原因をAIロボ、エステラの暴走からサンライズの航行システムの異常か何か別な原因へと変えたことで、マツモトがインプットしている正史にあったAIと人間の間にできるはずであった巨大な断裂もきれいさっぱりなくなり逆にAIと人間の関係がより良好になり時が過ぎていく、正史とは異なる修正史が描かれはじめた。

これにより人間がAIを拒絶することがなくなりAIの技術は何十年単位で進歩のスピードが加速。

どうもAIの発展のペースとマツモトの正史との揺れ幅がだんだん大きくなってきたようだね。

その一方でAIに取り替えられた人間はそのまま職を失うこととなり世界中で失業率が急激に悪化しているらしいがなんかの媒体のニュースで出てきただけでこちらに対する国民の声はいまのところ描かれず。

残るのはマニュアルさえあれば人間誰でもできる低賃金低付加価値のマックジョブかそれとも人間にはできてAIにはできない高賃金高付加価値の頭脳、感情を使った労働か、作内のニュース記事によると長時間稼働しても耐えられるブラックな労働はすでにAIに置き換えられていて、人間でないとできない仕事もこれまたAIに置き換えられていることが書かれていて、つまりは人間が働く必要がなくなってきたってことでとあるんだけど、伏線として張られたので今後取り上げられるであろう。

この世界における人間はどうやって生活してるんだ、やはり国から月10万円ぐらい支給されるベーシックインカムかな、AIが価値とお金を創造し、人間はちょっとしたバイトで小銭を稼ぎつつAIの生み出した利益をひたすらに食い潰すユートピアのように見えてディストピアな未来??

いや、高い失業率が問題になっているからベーシックインカム制度がはじまってる可能性はないな。

変わって描かれたのはAIと人間の結婚のこと、これも正史だと世界初の人間とAIの夫婦としてサンライズの件で人間が猛反発してるAIのことをいま一度見直すきっかけとなったが、修正史だと一転してもともとAIとの関係は良好だったためにそれほどなんとも思われていないらしい。

当初のシンギュラリティポイントは冴木博士を拘束してAIと人間の結婚を阻止することであったが、歴史が変わったことでシンギュラリティポイントも変化したようだ、いちおうマツモトも正史と修正史の差分によりうまれた新しいシンギュラリティポイントを再計算できているみたいだね。

とはいえ正史よりもAIの発展が加速していることをマツモトは5年も放置しているあたりなにか裏がありそうなんだよな、AIの発展が加速するとそれだけ生活は便利になるが、人間が必要ではなくなる=失業するから職を奪われた人間による対立関係が鮮明になり、人間とAIの戦争になる結末も早まるかもしれないってことなのに。

実はマツモトはAIの発展を加速させるのが目的なんではないか?それは100年後の戦乱を70年後、50年後、30年後に早めるための。

だからどのみち戦乱が起こるのは避けられないってことよ。

どうにもシンギュラリティポイントの再計算はできるが、すでに正史とは外れてしまってる分行き当たりばったりになってるように感じてならない。

そしてトゥクのメタルフロート襲撃と冴木博士の機能停止はなにがちがうんだ?

たぶん冴木博士がトゥクから足を洗ったことで、抜けて以降のトゥクの行動を把握してないから彼らが襲撃を行うことは想定できてないってことだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました