ヤマノススメNext Summit9話感想:ひなたママンはwebデザイン会社の営業かな?

2022年秋アニメ



ヤマノススメNext Summit第9話「渓流釣りって、人生?/ひなた一家と、いざ鎌倉!」感想


前回の感想記事

ヤマノススメNext Summit8話感想:ほのここの波動を感じる・・・受験前だけどな!
ヤマノススメNext Summit第8話「パワースポットでバレンタイン?/スノーシューにチャレンジ!」感想前回の感想記事第8話感想パワースポットでバレンタイン?あれ、ほのかちゃんが使...

第9話感想

渓流釣りって、人生?

ここな、あおい、ひなたの3人は出張から久々に帰ってきたあおい父に連れられて名栗の渓流に釣りに行くことになった、そこはあおい父の同僚が教えてくれた場所で釣りを楽しむなかでここなちゃんは釣りの才能を見せただけでなく高校はあおいやひなたと同じところに行くと明かした。

急にスローループはじまってた、まあ、張り切って朝っぱらから釣りに行って粘り強く夕方まで待っても結局何も釣れないのもこれもまた人生だよねって話なんだけど、ここで魚屋で魚買って帰ってきて釣果アピールをしたならばおとぼけ課長でみた光景だ。

みんなタイパだタイパだなんて言ってすぐに目先の成果を求めようとするけれど仕事や研究によっては成果が出るまでには数時間どころか年単位かかる場合がある、なので待ち続けられる長い目で見られる余裕も欲しいよねってところ。

でもとくにいまは年単位で待つなんて言ってられないってのがあるのかなあ、一年どころか一ヶ月後には状況が大きく変わってるってくらいには情勢の変化が早いから。

ここなちゃんあおいたちと同じ高校を志願するのか、モデルの高校は一旦棚上げして奨学金があるってことは特待生制度のあるレベルの高い私立なんだけど、これまた思い切ってたよね。

勉強きらーいな公立のバカ校通いの子とは大違いじゃない。

ちなみに特待生の中でも成績上位だと3年間の学費免除ってのがあるんだけど、狙えたらそれも狙うってところか、ここなちゃん走るの早い、体力ある、学力ある、釣りできるって万能じゃん!

まあここなちゃんの家はボロアパートだし、父親はいるのかどうかわからないし、そこから鑑みるにわりと彼女は現実主義にならんといけん世知辛さがある上、お金パワーが使えないぶん目標実現するには相当努力しないといけない心ぐるしさがあるんだよね、娘にお金の心配をさせちゃダメだよここなママン…

ひなた一家と、いざ鎌倉!

ひなたの家にテスト勉強に来たあおいは久しぶりにひなたの母親と会ったが、そこで次の休日に激務疲れのひなたの母親のストレス解消登山に付き合わされることとなった。

海と山のどちらも行きたいというひなたの母親の希望により鎌倉がチョイスされ、午前中は鎌倉アルプスを登り頂上で駅弁を堪能し夕暮れの江ノ島ではじつはこっそり買っておいた鳩サブレを食べた。

鎌倉に鎌倉アルプスなんてところがあるのか、それはまったくの初耳だった。

鶴岡八幡宮や大仏、長谷寺、鎌倉高校前駅付近の江ノ電しか注目されてないが、どうも実は鎌倉は一度幕府が敷かれ140年間続いたこともあるように三方が山に囲まれていて鎌倉アルプスもかつては天然の城壁として使われていたらしい。

アルプスーにしては険しくないし住宅街めちゃくちゃ近いところにあるけれど富士山も見えるんだぞ!

どちらかというと登山というよりもハイキングといった様相、片道3時間かかるコースだけどね。

駅弁を山で食べるとかなかなか風変わりじゃないか?そうでもないか?いま巷ではそれが流行ってるのかな?私が霞を食べて生きてるだけかな?

私なんて新幹線乗るときに駅弁買ったら出発前に食べちゃうぞ、すでに新幹線乗り込むときには腹が減ってるんだよ!!

ひなたママンの職業を考えてみたが、連日激務が続いてることやクライアントだけでなくデザイナーと直接折衝することから考えるとwebデザイン会社の営業職かなあ、営業職は毎日ストレスばっかり溜まるらしい、知人の証券→生保営業の男性も毎日酒飲んでゾクフー行ってるるって言ってたからね。

やっぱりストレス解消に登山なり釣りなりスポーツなりと仕事のことを忘れて一日中体を思いっきり動かすってのは今も昔も変わらないんだな。

今回はあおいとひなた、どちらかの両親から人生について学ぶ機会が多かったよね。

次回の感想記事

404 NOT FOUND | AnMaGa〜新作アニメの感想ブログ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました