ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season8話感想:櫛田桔梗の本性&佐藤麻耶は癒やし

2022年夏アニメ



ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season第8話「胸の底で、傷は静かに生きている。」感想


前回の感想記事

ようこそ実力至上主義の教室へ2nd Season7話感想:今度のイベントはペーパーシャッフル
ようこそ実力至上主義の教室へ2nd Season第7話「すべてを疑うこともすべてを信じることも共に安易で、思考を放棄するに等しい。」感想前回の感想記事第7話感想時系列としては体育祭→中間試験...

第8話感想

ペーパーシャッフル試験対策の勉強会、アーンド、櫛田が堀北鈴音と綾小路清隆の退学をめぐってかけを持ちかけ、堀北鈴音の兄で生徒会長でもある堀北学が中立的な立場で立会人として見届けることになった。

なお、ペーパーシャッフルはペアで行われるが、実力テストの成績の結果、綾小路とペアになったのは前回告白のようなことをしてきた女子、佐藤麻耶だった。

櫛田桔梗が黒い一面を見せつけてきたので現状は佐藤麻耶だけが唯一の癒やし。

彼女、前回告白してから早々にグイグイ綾小路との距離を近づけていく徹底攻勢に入ってるじゃないの。

そしてやっぱり佐藤麻耶が誰かの差し金、美人局、スパイ役って線はないかな。

そもそも美人局やスパイが「友達からどうかな」なんて日進月歩な距離の近づけ方なんてするかよって話だしね。

美人局の目的は色香で男を誘惑しホイホイ着いてきた男に彼女のバックにいる男が脅してくるって算段なんだけど、佐藤麻耶に色気で誘惑する要素が全く存在しない。

だから彼女は純粋に綾小路に興味があって近づいているんだよ、そこは安定してほしい。

それにCクラスのリーダー、龍園とも手を組んでいるもっとどす黒い女がいるからね。

その女は堀北と綾小路を退学させるためならどんな手でも使ってくるぞ。

体育祭のとき、自(D)クラスの競技出場選手名簿が彼女の手によりCクラスに漏らされたようにテスト問題漏洩は間違いなく行われる。

しかし彼女の本性、見れば見るほど恐怖だよ、第1期第3話で夜の公園で堀北について恨みつらみを叫んでいてすでにその片鱗は見せていたし中学卒業時にも学級崩壊を引き起こした本人であることは堀北から語られたんだけど、なに、その原因は強すぎる承認欲求にあったの!?

自分がクラスの中心人物でいたいって思いが強かった(このへんは思春期をむかえた人物であれば誰しも持っているであろう思いだけど)けれど中学の時にクラスメイトにどんどん追い越されていき、劣等感を感じた彼女は世話焼きに徹して注目を集めることにした一方でストレス発散のためにブログあるいは学校裏サイトに悪口をずらずらと書いていった・・・

このへんで危険度が急上昇してくるんだけど、そのことをまわりから指摘されるやいなや反省してブログを削除するかと思いきやさらに逆上してエスカレート、卒業間際に学級崩壊を起こしてるんでしょ?もう櫛田桔梗、超超超超どクズじゃん、ウ○コちゃんじゃん、映す価値なしじゃん。

もう見た目がいいだけじゃん、回想シーンにおける中学時代の長い髪の櫛田桔梗のセーラー服姿は必見だよ、ただし中身はク○、ウ○コ、歩く粗大ゴ○、見た目は10点、中身は-100点、それは高校生になった今でも変わらないけどさ。

表の顔だけ見ると櫛田桔梗の16タイプはESF×になるのかな、×がJ型かP型かは判別しがたいが、行動動機は純粋にみなの役に立ちたい(外向的感情)っていうわけではなく、自分の承認欲求を満たしたいだから内向的感情優勢でP型かな。

とはいえ現実においては櫛田桔梗みたいな性格の「いい年した大人」というかオッサン、ネットにはゴロゴロいるんだよなこれな、ツイッターが殺伐としている理由、だいたいこの人たちだからね。

ペーパーシャッフル試験の裏では櫛田と堀北&綾小路の自主退学をかけての戦いになったけれど、あの生徒会長さん、堀北鈴音の兄とはいえどちらにも肩入れしないし敵対もしない、中立的な立場で立会人になってたのが印象深かったね。

ただの試験対策だけにとどまらずにいろいろとチラチラ闇が見え隠れしていた生徒同士の駆け引きも描かれるおもしろい展開になってきていた感じ。

それよりなにより、今回の勉強会を機になにやら大所帯の綾小路グループができつつあるんだけど!?

佐藤麻耶に軽井沢恵と色恋模様も進展しつつあるしなに、体育祭のあたりから一気にモテモテになったな綾小路。

次回の感想記事

ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season9話感想:ついにペーパーシャッフル試験当日!
ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season第9話「過ちを犯しながら、それを改めないことをこそ、真の過ちという。」感想前回の感想記事第9話感想ペーパーシャッフル試験対策の勉強会を通して...

コメント

タイトルとURLをコピーしました