ゾンビランドサガリベンジ第10話感想:駅スタリベンジなるのか?!

2021年春アニメ



ゾンビランドサガリベンジ第10話「ゾンビたちはどう復讐するのか SAGA」感想


前回の感想

ゾンビランドサガリベンジ第9話感想:伝説のおいらん、ゆうぎりの処刑エンド
ゾンビランドサガリベンジ第9話「佐賀事変 其ノ弐」感想前回の感想第9話感想今回は明治政府の高官の男に身請けされたゆうぎりが移り住んだ佐賀にて、祖父の意思を引き継ぎ佐賀の長崎からの分離独立に向...

第10話感想

今回はアルピノの成功を大古場記者がお膳立てする記事を書いたことに気を良くしたフランシュシュの面々が幸太郎により鳥栖駅前にある収容人数25000の駅前不動産スタジアム、通称駅スタでライブすることになりすでに日程も決めていて幸太郎は自信満々に、メンバーは不安をそれぞれ覚えつつ気合を入れて当日を迎えるも来場人数はペナルティエリア内に収まる程度で盛り上がりもなく終了、それぞれふさぎこんでしまい幸太郎は借金2000万円を抱え、この事実を忘れるために2週間ほど夜な夜な酒を飲んでへべれけになって帰ってきたのを悲観したさくらたちの前に、山田たえが幸太郎のへそくりを使い食べ物を買って帰ってきたのを見てバイトをしてお金を返すことを決心しリベンジを誓ったエピソード。

1年後、駅スタでのライブの失敗を謝罪した幸太郎は駅スタでリベンジライブを決行することを熱く宣言する一方でフランシュシュについてのネタを掴んだ大古場は幸太郎にスキャンダル記事を書くことを伝え、なかば宣戦布告をして去っていった。

その夜、バーにて幸太郎はゾンビランドサガプロジェクトの目的が佐賀の滅亡を阻止するためであることを明かし、今度の駅スタライブは絶対に成功させなければならない、伝説を作らなければならないともう後がないことを語っていく。

前夜、佐賀には暴風雨が降り唐津市内が停電、フランシュシュの記事を書き上げた大古場のパソコンも停電がおき、新聞編集の締切を過ぎてしまったのであった。

Aパートは駅スタコンサートの失敗の前日談、Bパートはその失敗した駅スタライブをリベンジしようと動く流れ。

ああもう駅スタの閑散っぷりで本番中から意気消沈してるじゃないのフランシュシュ、退場してる時のうつむきは見てらんないよ。

客もあまりの気まずさにアンコールすらできなくなっちゃってたしな。

負の伝説を残してしまったな、とはいえ負ではあるけど伝説を生んだし、それを逆手にとれば笑いのネタになるし少しは知名度が上がると思うんだけど、トラウマになってるのを見るに笑いのネタになるのは数年先かな。

さて、幸太郎にとっての限られた時間とはフランシュシュのメンバーが生きられなくなるのではなく、知名度が高くなりマスコミからの取材も増えるといずれはどこかの社の取材記者が闇で動き彼女たちがゾンビであることがバレてしまうことだった。

そんな時間制限があるなかで地味すぎる佐賀の知名度的な意味での復活を果たすためにフランシュシュを結成し、テレビにも出てるしもういよいよ自分たちの知名度も上がっているだろうと見切り発車で駅スタコンサートを開いたら案の定大爆死、2000万円の借金を背負いやけ酒をかっくらうようになってしまった…

幸太郎の原動力が佐賀を有名にしたい、実際に一期ではあるが故郷の宮崎県知事を務めた東国原のような郷土愛から来るのは分かっている。

多分だけど、鳥栖市民はフランシュシュを誰も知らない、佐賀で一番大きなハコが鳥栖にある駅スタだったんだろうが、佐賀を盛り上げることを意気込んでる割には彼女たちの活動が伊万里市や唐津市、佐賀市近辺(佐賀の中部から西部にかけて)が中心で、福岡寄りに位置する県東の鳥栖で何かしらの営業活動してる描写が一切なかった。

サガン鳥栖とタイアップすれば多少はマシだったんだろうがそんな光景も見られなかった。

でも、仮にタイアップできたとしてもそれはそれで新聞記者がたくさん訪れているから目立った活動はできない可能性もある。

鳥栖市民は佐賀よりも福岡博多に目を向けているよずっと、近いし街の規模の大きさに大差つけてるしなにかと便利だから。

そして伊万里や鳥栖市民が鳥栖に行くことはない、横にぺちゃんこなひし形のような佐賀県の左端と右端に行くんだから距離がある。

伊万里や唐津から鳥栖までの距離よりも博多からの距離の方が近いからね。

福岡県民すらHKT48のメンバーを全員言えないし、博多でアイドル活動していた橋本環奈もファンによるあの奇跡の一枚が有名にならなければ地方のローカルアイドル止まりだったというのに、しかも彼女はこのとき崖っぷちだったらしいしな。

結論:知名度が低いときに駅スタ埋めるのは無謀すぎた

幸太郎には申し訳ないがこれはあまりにも無謀だ、無謀だよ、幸太郎はマスコミにバレるまでの極めて短期間の活動期間を見てるんだろうが、佐賀のアーリーマジョリティ(失礼承知だが、地方にアーリーマジョリティなんているのか??)が知らないのにいきなり駅スタコンサートは大金をドブに捨てただけだ。

フランシュシュを知ってるの、精力的に活動をしている伊万里や唐津ですら10%もないだろう。

今度こそ行ける!と息巻いているけれど、ホワイト竜の後任でラジオに出るようになった現在であっても大して変わらないのではないかな〜と考えている。

今回の場合知名度から現実的に見てスタンドが半分埋まれば御の字なのではなかろうか、それでも幸太郎の赤字は2000万はいかなくても数百万円にはなるであろうが。

すでに記者によりゾンビバレしちゃってるしコンサートの前日に嵐が襲ってきてもいるし、これは不吉な予感がするぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました