ゾンビランドサガリベンジ第11話感想:大雨で避難生活になっても元気を与えるフランシュシュ

2021年春アニメ



ゾンビランドサガリベンジ第11話「たとえば君がいるだけでSAGA」感想


前回の感想

ゾンビランドサガリベンジ第10話感想:駅スタリベンジなるのか?!
ゾンビランドサガリベンジ第10話「ゾンビたちはどう復讐するのか SAGA」感想前回の感想第10話感想今回はアルピノの成功を大古場記者がお膳立てする記事を書いたことに気を良くしたフランシュシュ...

第11話感想

今回は真冬の2月に季節外れの雨が降りゾンビィたちの住まいも海に流され砂浜に漂着したのち全壊、愛のバイト先の工場の計らいで店内は無事で避難所になってるショッピングセンターに避難しここで避難生活を余儀なくされたちびっこ市民の前でアカペラのショーを見せていく一方で幸太郎は行きつけのバーが水没して動けなくなってしまったところを救出されたエピソード。

フランシュシュを捜索する幸太郎、その頃、メイクがボロボロになってきてしまいゾンビバレする懸念が生じてきてしまったフランシュシュの面々とその様子をこっそり聞いているのはフランシュシュを追ってきた新聞記者の男。

面々は即席でお面を作り顔を隠していきショーを開き子供たちにはどうにかウケた、だがそのお面も簡単に壊れてしまいついにゾンビである素顔が見られてしまった。

それでも応援してくれる子供たちに今度はゾンビメイクしたとごまかしたメンバーはいつものとおりショーをこなしていく。

そこにずっとフランシュシュを探し回っていた幸太郎もたどりつき彼女たちに特殊メイクを施し、ぶっつけ本番になるが駅スタのライブを成功させる決意を見せた。

去っていく幸太郎にさくらはいままでの礼を述べたのであった。

イオンがカチオンになってた、カチオンとは電着塗装にも使われる陽イオンのこと、「陽」ってのがフランシュシュの立ち位置を表しているうまい改変だ。

フランシュシュを探すシーンにおいてイケメンな幸太郎のキャラソンが流れてきよったぞ、そこだけ巽幸太郎のPV見てたかのようだった。

いやはや第11話にしてでかい舞台装置を作って無理くり急展開させてきたな、まさか佐賀を救うためにいま2月やっちゅうねんと突っ込みたくなるくらい季節外れの大雨降らしてフランシュシュの面々が人知れずひっそりと住んでいたあの館を漂流させた末全壊させて強制的に外に出さざるを得ない状況を作りあげたっていうんだから。

そしてなに、幸太郎がいない状況で特殊メイクができないからどんどんゾンビを隠し通してきた鎧が壊れていく極限の状況も作り出す試練も与えたっていうのかい?

これは幸太郎の言うところのいわゆる「もってない」状況と「もってる」状況が同時に現れている。

家もないメイク道具もないお金もない命もない、でもバイトで知り合った人徳はあるからそれでどうにかカバーができているけれどそれだけではカバーがしきれなくなるのも時間の問題。

ゾンビメイクしてますってのが数少ない逃げ道だがその道は入り込むと余計に不利になる短すぎる袋小路ってこれはアイドル経験者でも元レディースの総長でも反逆罪により斬首された遊女でもさすがにこれ以上のいいごまかし方は出てこないことだろう。

それでも逆境で頼れる者もいなく、いつハプニングが起きてゾンビバレするかわからない状況下でよく複数回ミニライブを最後までやり切った、彼女たちが一番もってるのはこれ、度胸と覚悟と勢いなんだよな。

勢いがありゃまあうまくいかなかろうがどうにかなる、乗り切れるものだからね。

そのもってる状況を作り出したうちの半分は幸太郎によるものなんだけどね、だから一番もってるのはやはり幸太郎だった、水没したバーからも1日経たずに助けられてたしな。

前半の爆死して大借金した末の飲んだくれは何だったんだよ、もってる男でもさすがに借金2000万は現実逃避したくなるか。

こげな状況になってしまったからこそなお市民を喜ばせたいとゾンビバレするリスクをもはねのけて精力的に活動しするフランシュシュや素直な子供達の無邪気な笑顔が今回唯一のカンフル剤だった。

そしてやはり幸太郎は九州男児、こういう極限状況でもやはり熱いなお前、もう現代日本において、私を含めて黙って俺についてこいって言えるグイグイ引っ張れる人いなくなっちゃっただけにもはや貴重だわ。

もはや現代は若輩者ですら言いたいことだけ適当にベラベラ言ってあとは無責任な輩だらけになっちゃったからね。

なら言うなって話なんだけど、物申して世の中を動かした気になりたいらしい、こう言う奴ほどなぜか世の中の変化は嫌うんだよな。

それにしても現実的に見てここからスタジアムを埋めてみせると豪語してもやっぱりフランシュシュの活動範囲が唐津伊万里周辺とあまりにも狭すぎて、大雨で避難生活を余儀なくされてる唐津市民を鳥栖まで連れていくのはやっぱり無理がありすぎると思うんだよな〜唐津と鳥栖は同じ県にありながら異世界のようなものじゃないのかしら?

コメント

タイトルとURLをコピーしました